【V型16気筒】キャデラック シックスティーンとは?動画紹介 Cadillac Sixteen 【コンセプトカー】

キャデラック

キャデラック・シックスティーンとは?Cadillac・Sixteen

キャデラックが製作したV型16気筒エンジンを搭載するラグジュアリーセダンが「Sixteen」です。実際に販売されることはなく、コンセプトカーのみが登場しています。
お披露目されたのは2003年でした。
車のタイプとしては4ドアセダンのFRです。エンジンはV16、排気量は驚きの13,594ccです。最高出力は最低でも1,014PSは出るとのこと。
また、気筒休止システムを採用しており、パワーが必要ない時には、12もしくは8気筒を休止するそうです。
その他、トランスミッションは4速オートマチック、車重は2,270kgです。ボンネットの開き方が独特ですね。


また、以下の記事では同じくキャデラックのコンセプトカー、「シエン」について紹介しています。

【コンセプト】キャデラック・シエンの走行・サウンド動画! Cadillac ・CIEN

映画に登場

キャデラック・シックスティーンですが、いくつかの映画に登場していたようです。
2006年のコメディ映画「Click」や、2011年の「リアルスティール」などに登場しています。


動画

実際の始動動画

1,000 HP Cadillac Sixteen Startup, V16 engine

こちらは展示車両

Cadillac Sixteen Concept: 1,000 Horsepower

Cadillac Sixteen
タイトルとURLをコピーしました