【価格】スクランブラー デザートスレッド・ファストハウス 価格と日本発売日は?ドゥカティ Fasthouse 新型2021【Ducati】

ドゥカティ

世界限定800台のデザートスレッドが登場

ドゥカティはスクランブラー デザートスレッドの限定モデルとして「デザートスレッド・ファストハウス」を発表しました。
ドゥカティとアメリカのアパレルブランド、ファストハウス(Fasthouse)のコラボレーションを記念して製作されたモデルです。
2020年にはオフロードレースの「Mint 400」にドゥカティ・ファストハウスとのパートナーで参戦、優勝しています。

限定モデルの特徴は以下の通りです。

・リミテッドエディション・プレート
シリアルナンバーが刻印されたアルミニウム製フレームが装着されています。

・専用シート(シート高:860mm)
滑り止めが施されたシート地を採用した専用シートです。

・カラーリング
Mint 400に参戦したカラーデザインを再現。ファストハウスのロゴが配置されています。フレームのカラーはドゥカティ・レッド。

・ブラック・スポーク・ホイール
ブラック仕上げのスポーク・ホイールを採用。
サイズはフロント19インチ、リア17インチでピレリ製「スコーピオン・ラリーSTR」タイヤを装着しています。

日本発売日・割り当て台数は?

日本発売日・割り当て台数はアナウンス前です。
アメリカでは2021年3月末の販売を予定しているようです。

価格

日本での価格は未定です。
アメリカ価格は発表されており、以下の通りです。
デザートスレッド・ファストハウス :12,295ドル
日本円に換算すると約134万円です。

ちなみに限定ではないデザートスレッドのアメリカ価格は以下です。
デザートスレッド:11,995ドル(日本円換算:約131万円)
ファウトハウスモデルとの差は300ドルです。(約33,000円)

日本ではこのデザートスレッドが147.9万円で販売されているので、
上記の価格差を参考にすると、ファストハウスモデルは151万円程度になりそうですね。

スペック

基本スペックはベースモデルのデザートスレッドと同じです。
デザートスレッドはシート高が860mmと少し高めですね。(Iconは798mm)
オプションで840mmのローシートも用意されています。

型式:L型2気筒デスモドロミック 2バルブ 空冷
排気量:803cc
最高出力:73ps @8,250rpm
最大トルク:66.2Nm @5,750rpm
乾燥重量:193kg
車両重量:209kg
シート高:860mm

デザート・スレッド専用装備

・クロスストラット付アルミニウム製ハンドルバー
・フロントステム・プロテクター
・専用デザインシート
・ハイマウント・フロント・フェンダー
・ロング・リアフェンダー
・ハイプレートサポート

 

タイトルとURLをコピーしました