【2023】ドゥカティ・ストリートファイターV4ランボルギーニ登場!【STO】

ドゥカティ

2022年9月2日、ドゥカティはドゥカティワールドプレミア2023・エピソード1にて、「ストリートファイターV4ランボルギーニ」を発表しました。

「ストリートファイターV4ランボルギーニ」はドゥカティとランボルギーニ・ブランドのコラボレーション第2弾となるモデルで、ウラカンSTO(スーパー・トロフェオ・オモロガータ)を想起させる専用のカラーリングと、特別にデザインされたコンポーネントを特徴としています。

【2021】ディアベル 1260 ランボルギーニ 価格と日本発売はいつ?日本での限定台数は?ドゥカティ New Diavel 1260 Lamborghini Ducati
ワールドプレミア2021で発表された新型ディアベル 1260 ランボルギーニについて記事にしています。 価格・国内発売日・限定台数などに関して、海外情報をもとに解説しています。

「ストリートファイターV4ランボルギーニ」には最高出力208PSを発揮する1,103ccデスモセディチ・ストラダーレ・エンジンが搭載されています。
カラーリングには、ウラカンSTOと同様「Verde Citrea」をベースに「Arancio Dac」のコントラストカラーを採用しています。また、専用のSTOロゴと、ランボルギーニが設立された年(1963年)を想起させる「63」の数字がデザインされています。ホイール・デザインも、ウラカンSTOのデザインを踏襲しています。

限定台数は630台です。また、ランボルギーニ顧客専用のスペチアーレ・クリエンティと呼ばれるスペシャルエディションが別途63台用意されます。スペチアーレ・クリエンティはオーナーが所有しているランボルギーニとまったく同じボディカラーとホイールに仕上げることができます。

スペック

エンジン:デスモセディチ・ストラダーレ 90° V型4気筒、カウンター・ローテーティング・クランクシャフト、デスモドロミック4バルブ、水冷
排気量:1,103cc
最高出力:153kW(208PS) @ 13,000rpm
最大トルク:123Nm @ 9,500rpm
乾燥重量:178kg
シート高:845mm

タイトルとURLをコピーしました