初代BMW Z4のマニュアルモデルは購入出来る?E85中古車

BMW

いきなり結論:購入はできる。ただし相当なこだわりがないと踏み出せない。

Z4も今では3代目が発売されていますが、本記事では初代E85のZ4に関して取り上げてみます。私は、この初代Z4の2.2Lバージョンモデルに乗っていました。
最近では珍しいとも言える、自然吸気の6気筒エンジン。これが最高のフィーリングでした。
3Lモデルも素晴らしいですが、2.2Lでも相当な仕上がりのエンジンでした。
とんでもなくスムーズな吹け上がりを見せるエンジンがとにかく気持ちいい。
4気筒やターボエンジンでは絶対に味わえない感覚は、未だに忘れられません。

そんなZ4ですが、中古車価格はかなりお安くなっています。
やはりオープンカーはマニュアルで乗りたい。そんな方もいるかと思います。
私は当時ATモデルを乗っていましたが、エンジンを最大限に味わえていない、少しもどかしい気持ちがあったので、MTモデルはやはり魅力的です。
以下に、MTモデルの購入方法を解説します。

SMG(Sequential Manual Gearbox)シーケンシャルマニュアルギアボックスを選ぶ

まず前提として、通常モデルにマニュアル仕様はありません。
SMGという2ペダルMTモデルは一部のモデルに存在していますので、フツーのATではイヤだけど、セミオートマならという方にはいいでしょう。
これは2003年〜2006年に販売された3.0Lモデルにのみ選択ができたものです。
以前のフェラーリでも採用されていたシングルクラッチの2ペダルMTというのはダイレクト感があり、スポーツ走行が楽しめます。
ただし、維持・故障を考えると正直怖いですね。これはナシかな。。
カーセンサーとかでZ4 SMGで検索するとたまに見つかります。
リンクはこちら

Z4 Mロードスターを選ぶ

次は正真正銘のMTモデルです。
ただし、通常のZ4ではなく、Z4 Mモデルですね。
BMW好きなら勿論、知っているでしょう。M3などに代表されるMモデルです。
Z4にMモデルが存在することを知らない人もいるかもしれません。
ロードスターとクーペバージョンがあります。
これはE46のM3と同様のエンジンを搭載したモデルで、非常にエキサイティングですね。

元々高価なモデルというのもありますが、現在の中古価格はお高めだと言えます。
とは言え、E46のM3と同じエンジンをオープンカーで、更にマニュアルで楽しめるパッケージングは魅力的です。
個体は非常に少ないですが、探せば見つかります。
リンクはこちら

並行輸入車を選ぶ

通常モデルにはMTは存在しないと説明しましたが、海外の場合は違います。
例えば日本と同じ右ハンドルのイギリスで探してみると、MTモデルがフツーにあります。
海外から買い付けするので手数料や輸送費などの費用的なハードルはありますが、車体価格が安いです。

イギリスのAutoTraderというサイトを見てみると、40万円程度から100万円程度の個体が多く存在します。これは好きなカラー、パッケージを選び放題ですね。
走行距離多めのものが見受けられますが、この車体価格は魅力的です。
ただし、手数料やその後の整備を考えると現実的ではないかも。
一応リンク貼っておきます。こちら

結論

冒頭で説明したように、購入はできるが相当なこだわりがないと難しいですね。
上で説明した中ではZ4 Mロードスターが一番オススメです。
理由としては、価格は高いがMモデルにはその価値があるからです。
自然吸気・MT・オープンカー。こういうクルマには乗れるうちに乗っておいた方がいいですね。

タイトルとURLをコピーしました