BMW E89 Z4 中古車の買い方 一番オススメのモデルは?2代目Z4

BMW

中古ではかなりお買い得になった、2代目Z4の購入検討をしてみたいと思います。
排気量、トランスミッションの違いで複数モデルが存在しますので
一番のオススメを解説します。

結論:直列6気筒ツインターボ3000ccのsDrive35i(もしくは35is)

まず、簡単にE89 Z4の説明をします。
こちらの記事でも紹介した初代BMW Z4の2世代目にあたるのが、このE89です。
初代ではソフトトップでしたが、E89ではハードトップを採用しクローズ状態ではクーペスタイルとなります。よりGTカーに近づいたかもしれません。さらに変更されたのがエンジンですね。初代のエンジンは全て自然吸気モデルでしたが、本モデルからターボへと変更されています。(一部NAモデルもありますが、今回のオススメである35isで話を進めます。)
ちなみに35iと35isの違いはパッケージングと最高出力の違いです。
中古車選びでは、気に入ったパッケージングの個体を探せばいいと思います。できれば35isくらいで考えればいいと思います。(出力向上については同じエンジンであり、ターボのチューンをしたものなので、35iでも十分問題なしという考え)

なぜ、sDrive35i(35is)をオススメするのか

理由は2点です。
まずは、エンジンです。直列6気筒DOHCツインターボを搭載する
3000ccのエンジン。ターボ化されたとはいえやはりBMWのエンジンは素晴らしい。

BMW Z4 sDrive35is 2015 Joyride & Exhaust Sound (AutoWeb.cz)

次はトランスミッションです。

マニュアル派の私ですが、DCTは素晴らしいと思う。
DCTとはデュアルクラッチトランスミッションのことで、
従来のオートマとは違い、マニュアル同様のダイレクト感を味わえるものです。クラッチの要らない2ペダルMTはBMWのエンジンを味わい尽くせるでしょう。
E89ではこのDCTを搭載しているのは35iと35isのみ。
これがこの3000ccをオススメする理由でもあります。

グレードに関わらずE89をオススメする理由

・初代BMWE85は古すぎて故障が心配・普段乗りできるか不安
・3代目はまだ高すぎる・見た目が好みではない
・オープンカーが初めてで、ソフトトップ(幌)が駐車場の関係などで不安に感じる

ということから、グレードに限らず、E89はオススメできるクルマです。

オープンにしてスポーツカーとしては勿論、クローズ状態でGTカーとして高速走行を楽しむなどオールマイティな使い方もできるかと思います。

最後に、中古車の価格ですが、非常にお買い得な状況です。
こちらにリンクを載せておきます。

タイトルとURLをコピーしました