【EV】FIAT 500e登場!価格・航続距離・スペック【電気自動車】

フィアット

2022年4月5日、Stellantisジャパン株式会社は、FIAT初の純電気自動車となる「FIAT 500e(フィアット・チンクエチェント・イー)」の日本発売を発表しました。
発売日は2022年6月25日、価格は税込で4,500,000円から4,950,000円です。

従来の500同様、3ドアハッチバックと電動開閉式ソフトトップのカブリオレボディがラインナップされています。
グレードとしては、ベーシックモデル(受注生産)の「POP」と、上級装備を搭載した「ICON」、そしてカブリオレの「OPEN」が用意されています。

搭載されるパワートレインは1種類のみで、バッテリー容量は42kWh、最高出力は87kW(118PS)、WLTCモードでの航続距離は335kmです。

スペック

バッテリー容量:42kWh
最高出力:87kW(118PS)
最大トルク:220Nm
航続距離(WLTC):335km
駆動方式:FF
ハンドル位置:右

全長:3,630mm
全幅:1,685mm
全高:1,530mm
ホイールベース:2,320mm
乗車定員:4名

【自動計算】EVの電気代・電費・航続距離を計算【電気自動車シミュレーション】
EVの電気代・電費を自動計算するシミュレーターです。 メーカーカタログの数値から航続距離・バッテリー容量の算出ができます。 また、電気代・ガソリン代の比較シミュレーションも可能です。

価格

モデル名ボディタイプ価格(税込)
500e POPハッチバック4,500,000円
500e ICONハッチバック4,850,000円
500e OPENカブリオレ4,950,000円

なお、500eについては通常の販売ではなく、カーリースでの販売のみを前提としています。

新たなサブスクリプション型カーリース「FIAT ECO PLAN」及び、すでに提供中の「パケットFIAT」といった2種類の定額プランが用意されています。
どちらのプランも頭金の用意や税金の支払い、契約期間中の整備点検費用(充電費用などは除く)などが不要となる定額プランです。
2つのプランの主な違いは任意自動車保険を含むか否か、また途中解約が可能かどうかといった点です。
「FIAT ECO PLAN」では年齢や等級を問わない任意保険がセットになっており、また清算金の支払いは必要ですが、早期の契約終了ができます。

月額利用料一例(500e POP)

「FIAT ECO PLAN」
53,900円(ボーナス払い10回110,000円)
「パケットFIAT」
34,000円(ボーナス払い10回110,000円)
FIAT ECO PLAN|FIAT(フィアット)
フィアットからの新提案!新車を月々定額、すべての内容をセットしたサブスク型カーリース「FIAT ECO PLAN」。気軽に、気楽にフィアットの新車が楽しめるこれからの時代のプランです。
パケットFIAT 500e 5年間月々定額支払いで、安心ラクラクのカーリースプラン|FIAT(フィアット)
任意自動車保険の等級が進んでいる方で『500e』に乗りたいという方におすすめなのが「パケットFIAT」。月々一定のお支払いでクルマにかかる費用をマルっとカバー。『500e』で先進のフィアットライフを気軽に安心して楽しめる個人向けリースプログラムです。

アバルト595はどうなる?

アバルト595はこれまで、ガソリンエンジンであるフィアット500をベースにし、販売されてきました。
ベースとなる500が電気自動車(595e)に移行したため、アバルト595も今後は電気自動車に生まれ変わって登場する可能性もあります。

ただ現状としては従来の595が販売中であり、今後についてはまだ不明といった状況です。
今の流れを見ると、やはり電気自動車に移行するかと思います。アバルト独自のサウンドが聴けなくなってしまうのは残念ですね。

タイトルとURLをコピーしました