【日本仕様】新型CX-60 エンジン・スペック情報まとめ【マツダ】

マツダ

2022年4月7日、マツダは新型SUVモデル「CX-60」の日本仕様を発表しました。
発売は2022年初秋を予定しており、価格はアナウンス前です。
この記事では、今回発表されたエンジンラインナップ、サイズ、そしてスペック情報などをまとめて紹介しています。

発売日・価格

CX-60の発売日は2022年初秋予定となっており、正確な日付についてはアナウンスされていません。また、価格についてもアナウンス前です。

エンジンラインナップ、トランスミッション

エンジンラインナップは以下の通りです。
トランスミッションですが、MT仕様はなく8速AT(オートマチックトランスミッション)のみの設定です。

・SKYACTIV – G 2.5【直列4気筒ガソリンエンジン】
・SKYACTIV – G 2.5(PHEV)【直列4気筒ガソリンエンジン+プラグインハイブリッド】
・SKYACTIV – D 3.3【直列6気筒ディーゼルエンジン】
・SKYACTIV – D 3.3(MHEV)【直列6気筒ディーゼルエンジン+マイルドハイブリッド】

スペック

SKYACTIV – G 2.5【直列4気筒ガソリンエンジン】
最高出力:138kW(188PS) /6,000rpm
最大トルク:250Nm /3,000rpm
SKYACTIV – G 2.5(PHEV)【直列4気筒ガソリンエンジン+プラグインハイブリッド】
システム合計出力:238kW(323PS) /6,000rpm
最大トルク:500Nm /4,000rpm
バッテリー容量:17.8kWh
SKYACTIV – D 3.3【直列6気筒ディーゼルエンジン】
最高出力:170kW(231PS) /4,000-4,200rpm
最大トルク:500Nm /1,500-3,000rpm
SKYACTIV – D 3.3(MHEV)【直列6気筒ディーゼルエンジン+マイルドハイブリッド】
最高出力:187kW(254PS) /3,750rpm
最大トルク:550Nm /1,500-2,400rpm

サイズ

全長:4,740mm
全幅:1,890mm
全高:1,685mm
ホイールベース:2,870mm
トレッド(前/後):1,640mm / 1,645mm
乗車定員:5名

タイトルとURLをコピーしました