【2020】車の故障箇所ランキング/壊れやすい部品は?【故障原因】

故障

この記事では車の壊れやすい箇所、原因について統計データを紹介していきます。

メーカー・モデル別の故障率ランキングは以下の記事を参照ください。

【2021】車メーカー・モデル別の故障率ランキング/故障の少ないクルマは?【統計】

バイクに関しては以下の記事から

バイクメーカー毎の故障率/壊れやすい部品ランキング


紹介するのは国土交通省が実施している実態調査で、日本自動車連盟(JAF)協力のもと、故障発生状況を調査しています。

  • 調査対象→2019年9月から11月に発生した路上故障
  • 一般道路、高速道路別に集計
  • 装置、故障部位別に件数、割合を調査

上記の条件にて調査が実施されています。
国土交通省実施の統計データですので、データの信頼性は高いと言えるでしょう。
車のメンテナンスで気をつける箇所、これから中古車などを購入する際、どこに気をつければいいかなど、参考になればと思います。

装置別、故障発生件数ランキング

一般道路

順位 装置名 件数 割合
1 電気装置 24,504 39.8%
2 走行装置 22,162 36.0%
3 エンジン本体 5,560 9.0%
4 動力伝達装置 2,938 4.8%
5 冷却装置 2,733 4.4%
6 燃料装置 1,289 2.1%
7 電子制御装置 846 1.4%
8 潤滑装置 750 1.2%
9 制御装置 476 0.8%
10 かじ取り装置 311 0.5%
総計 61,569 100.0%

高速道路

順位 装置名 件数 割合
1 走行装置 5,454 59.8%
2 エンジン本体 1,131 12.4%
3 電気装置 787 8.6%
4 冷却装置 551 6.0%
5 動力伝達装置 441 4.8%
6 潤滑装置 415 4.6%
7 燃料装置 188 2.1%
8 電子制御装置 98 1.1%
9 制御装置 33 0.4%
10 かじ取り装置 20 0.2%
総計 9,118 100.0%

全体

順位 装置名 件数 割合
1 走行装置 27,616 39.1%
2 電気装置 25,291 35.8%
3 エンジン本体 6,691 9.5%
4 動力伝達装置 3,379 4.8%
5 冷却装置 3,284 4.6%
6 燃料装置 1,477 2.1%
7 潤滑装置 1,165 1.6%
8 電子制御装置 944 1.3%
9 制御装置 509 0.7%
10 かじ取り装置 331 0.5%
総計 70,687 100.0%

比較

故障部位別、発生件数の割合

一般道路

順位 故障部位 発生割合 主な故障状況
1 タイヤ 35.6%
  • パンク、バースト
  • 空気圧不足
2 バッテリー 27.8%
  • 過放電
  • 破損、劣化
  • 端子部接続不良
  • 液不足
3 オルタネータ 5.9%
  • ブラシ不良
  • レギュレータ不良
  • ダイオード不良
  • コイル断線
4 冷却水 2.3%
  • 不足、水漏れ 
  • 汚れ 
  • 凍結
5 クラッチ 1.5%
  • すべり
  • オイル漏れ 
  • ワイヤ(リンク)不良 
  • 切れ不良
6 トランスミッション(A/T) 1.5%
  • ギヤ操作不能 
  • オイル漏れ・不足 
  • 異音
7 潤滑油 1.2%
  • オイル不良 
  • オイルパンからの漏れ
8 スタータ 1.1%
  • リレー不良
  • 端子部接続不良 
  • かみ合い不良 
  • イグニッションスイッチ不良
9 ファンベルト 0.9%
10 ラジエータファン 0.7%
その他 21.3%

高速道路

順位 故障部位 発生割合 主な故障状況
1 タイヤ 59.3%
  • パンク、バースト
  • 空気圧不足
2 潤滑油 4.6%
  • オイル不良 
  • オイルパンからの漏れ
3 冷却水 3.8%
  • 不足、水漏れ 
  • 汚れ 
  • 凍結
4 オルタネータ 3.6%
  • ブラシ不良
  • レギュレータ不良
  • ダイオード不良
  • コイル断線
5 クラッチ 1.6%
  • すべり
  • オイル漏れ 
  • ワイヤ(リンク)不良 
  • 切れ不良
6 トランスミッション(A/T) 1.5%
  • ギヤ操作不能 
  • オイル漏れ・不足 
  • 異音
7 バッテリー 1.4%
  • 過放電
  • 破損、劣化
  • 端子部接続不良
  • 液不足
8 ファンベルト 0.9%
9 ラジエータファン 0.7%
10 クリップ・ハブ・ベアリング 0.5%
  • ゆるみ 
  • 異音 
  • 焼き付き
その他 22.0%

おわりに

故障部位別のランキングを見ていきましたが、一般道路での状況を見ると、走行装置と電気装置だけで75.8%の割合を占めます。故障部位としては、タイヤ、バッテリーが多いですね。
また、高速道路では走行装置だけで59.8%、故障部位で見るとタイヤが59.3%となっています。
全体を通してタイヤ、バッテリーのメンテナンスがいかに重要か分かるデータですね。
私は中古車を購入する際、なるべく消耗品は交換してもらっていますが、特にタイヤとバッテリーは新品にしたいところですね。タイヤは走行距離が短くても、ゴムの経年劣化が発生します。またバッテリーですが、使用状況によっても寿命が左右されますし、バッテリーが弱くなったことに気づかず、突然エンジンが掛からなくなる可能性があるので、注意が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました