バイクメーカー毎の故障率/壊れやすい部品ランキング

バイク
中古車を買うなら、ガリバー中古車検索サービスがお得?
欲しいクルマの仕様、希望の価格帯を入力するだけで中古車を探してくれるサービスです。マニアックな車探しや、仕様・価格を細かく指定でき、売り出し前の中古車も探せます。国産車最長10年・輸入車5年の保証付帯が可能です。支払いは各種ローンOK(最長84回まで)

故障率はどれくらい?

2015年と少し前の情報ですが、バイクメーカーごとの故障率レポートがありますので参考までにどうぞ。
アメリカのコンシューマーレポートが発表したもので、購入してから4年間の間に故障する確率を統計としています。

Reliablity by brand

BrandPercent failed
Yamaha/Star11%
Suzuki12
Honda12
Kawasaki15
Victory17
Harley-Davidson26
Triumph29
Ducati33
BMW40
Can-Am42
ERROR: The request could not be satisfied

予想どおり日本メーカーの信頼性が高いことが分かりますね。
とはいえ、日本メーカーであっても10%程度の故障確率があるというのは意外でした。私が最近購入したアプリリアは、統計の対象外でしたので確認はできません。同じイタリアメーカーのDucatiが33%という結果になっています。やはり輸入車を購入する際は新車、もしくは長期の保証つき中古車を購入するのが大事ということですね。

壊れる部品はどこ?

では、バイクで壊れやすい部品はどこなのでしょうか。同じくコンシューマーレポートが発表している記事がありました。こちらも2015年のものです。

Repaired motorcycle partsPercent of repaired motorcycles
Electrical system24%
Accessories19
Brakes18
Fuel system13
Clutch8
Body panels6
Drive system6
Valvetrain5
Front suspension5
Cooling system4
ERROR: The request could not be satisfied

電気系統が24%で一位となっています。特に最近のバイクは電子制御度合いが高いので、当然な結果かもしれませんね。
次いでアクセサリーが19%、こちらはどういったアクセサリーのことを指しているのか不明ですね。次いでブレーキ、給油システムとなっています。ブレーキの故障というのがちょっと怖いですね。具体的な故障の事例は不明でしたが、電気系統が圧倒的だということは分かりました。

まとめ

輸入車はやはり壊れやすいが、国産車であっても10%以上で壊れる可能性があることがわかりました。また、部品別で見ると電子制御関連の故障が最も多い、ということでした。


今すぐ自動車保険料を安くしたい場合は?
自動車保険は保険会社が独自に保険料を設定しているため、同じ加入条件でも価格は異なります。自分に合った保険会社を探すなら「自動車保険一括見積もり」が一番損をしません。 保険の見直しで平均30,879円安くなったという調査データもあります。
タイトルとURLをコピーしました