【価格情報】新型スマート#1 #3日本発売はいつ?【smart】

スマート
中古車を買うなら、ガリバー中古車検索サービスがお得?
欲しいクルマの仕様、希望の価格帯を入力するだけで中古車を探してくれるサービスです。マニアックな車探しや、仕様・価格を細かく指定でき、売り出し前の中古車も探せます。国産車最長10年・輸入車5年の保証付帯が可能です。支払いは各種ローンOK(最長84回まで)

この記事ではEV専業ブランドへと生まれ変わった「スマート(smart)」が販売する「スマート#1」「スマート#3」の日本発売日・価格・スペック情報などについて解説しています。

EV専業となった新生スマート

スマート#1

「スマート」は、元々マイクロコンパクトカーの生産を発案したスイスの時計ブランド「スウォッチ」がメルセデス・ベンツと協業して販売開始したのが始まりです。

メルセデス・ベンツのクルマ作りノウハウを活かしてできた「スマート」のマイクロコンパクトカーは世界で200万台以上販売されました。2人乗りの「フォーツー」や4人乗りの「フォーフォー」などがラインナップされ、特に小型の「フォーツー」はヨーロッパの都市などで今でもよく見かけます。また、ハイパフォーマンスモデルの「スマートBRABUS」といったモデルも登場しました。

2020年にはボルボ・カーズやロータス・カーズを傘下に収める「吉利汽車(ジーリー)」の親会社である「浙江吉利控股集団有限公司(ジーリーホールディンググループ)」が、メルセデス・ベンツ・グループと折半出資により、合弁会社「スマート・オートモービル」を設立しました。

なお「吉利汽車」はメルセデス・ベンツ・グループ株を9.7%取得し、筆頭株主となっています。

スマート#1

新生「スマート」はEV専業メーカーと生まれ変わり、2022年には市販車第一弾となるEVモデル「スマート#1(ハッシュタグ・ワン)」を発表しています。

「スマート#1」はこれまでのスマートで販売していたマイクロコンパクトカーではなく、5人乗り・SUVタイプの電気自動車です。バッテリー総容量66kWh、最高出力は272PS、最大出力は343Nmを発揮します。WLTCモードでの航続距離は420-440km、0-100km/h加速は6.7秒です。

スマート#1 ブラバス

更にはパフォーマンスバージョンである「スマート#1 ブラバス」も登場しています。ブラバス版にはデュアルモーターが搭載され、最高出力428PS、最大トルク543Nm、WLTCモードでの航続距離は400km、0-100km/h加速は3.9秒となっています。

そして2023年9月3日、「スマート#3(ハッシュタグ・スリー)」が正式発表されました。新生スマート「スマート#1」に続く第二弾モデルで、ボディタイプはSUVクーペです。「スマート#1」と同じくベースグレードの最高出力は272PS、ブラバス版では428PSを発揮します。ただしパフォーマンスは向上しており、ベースグレードの0-100km/h加速は5.8秒、ブラバス版では3.7秒となっています。また、航続距離は435-455kmに増えているとのことです。

スマート#3

スマート(smart)はマイクロカーではなくなった

スマートEQフォーツー

メルセデス・ベンツは新体制となる前、以前の「スマート」時代にも電気自動車を販売していたのですが、この頃は全長2,695mm、全幅1,663mm(スマートEQフォーツー)と、まさにマイクロコンパクトカーと言えるモデルでした。4人乗りの「スマートEQフォーフォー」でも全長3,495mm、全幅1,665mmでした。

そして新生スマートが作る「スマート#1」ですが、全長4,270mm、そして全幅は1,822mmとマイクロカーとは言えないサイズとなりました。

【EPA/WLTC】スマートEQ 航続距離・電費・スペック情報【smart】
この記事ではマイクロカーを販売する「スマート」の電気自動車モデル「スマートEQ」の航続距離・電費・スペック情報などをまとめています。

スマート#1、#3のスペック

スマート#3 ブラバス

「スマート#1」「スマート#3」のスペック情報を紹介します。

スマート#1
Pro +PremiumBRABUS
ドライブトレインシングルモーターシングルモーター
デュアルモーター
最高出力200kW(272PS)200kW(272PS)315kW(428PS)
最大トルク343Nm343Nm543Nm
0-100km/h加速6.7秒6.7秒3.9秒
最高速度180km/h180km/h180km/h
バッテリー総容量66kWh66kWh66kWh
バッテリー正味容量62kWh62kWh62kWh
全長4,270mm4,270mm4,300mm
全幅1,822mm1,822mm1,822mm
全高1,636mm1,636mm1,636mm
ホイールベース2,750mm2,750mm2,750mm
車重1,788kg1,800kg1,900kg
航続距離(WLTC)420 km440 km400 km
【EPA/WLTC】スマート#1 航続距離・電費・スペック・価格【smart】
この記事では「スマート・オートモービル」が販売する電気自動車「#1(ハッシュタグ・ワン)」の航続距離・電費・スペック・価格・発売日情報などを紹介しています。

「スマート#3」については今のところ、以下の情報が分かっています。

ボディタイプ:SUVクーペ
グレード:「スマート#1」と同じくベースグレード、ブラバス版がラインナップ
最高出力:「スマート#1」と同じく272PS(ブラバス版は428PS)
航続距離:「スマート#1」より長い435-455km(WLTCモード)
0-100km/h加速:「スマート#1」より速い5.8秒(ブラバス版は3.7秒)

発売日情報

スマート#3

新型「スマート#3」はドイツでは早ければ2023年末、他のヨーロッパ地域では2024年初頭に販売開始とされています。

日本国内への導入予定ですが、今のところ何もアナウンスされていません。

スマートは例えばフォードのように日本撤退を公式発表したわけではないですが、以前のスマート時代のモデル販売が終了してから新生スマートについてのプレスリリースなど、情報は一切更新されていない現状なのです。

The new smart
メルセデス生まれの、シティコンパクト。超コンパクトなボディの中に驚くほどのスペースユーティリティ、どんな道もスイスイ走れる抜群の取り回しやすさ、さらにメルセデスの最先端技術を駆使した高度な安全性能を兼ね備えたクルマ、それが“スマート”です。

新生スマートは中国、そして主要なヨーロッパでの展開を開始していますが、日本国内での導入については一切発表がない、といった状況です。

これまで日本でも展開されてきた「スマート」ブランドはメルセデス・ベンツ・グループと「吉利汽車(ジーリー)」とのパートナーシップにより体制が変わり、今後の状況は全く読めないところ。

そしてブランドコンセプトが変わり、以前のフォーツーやフォーフォーといったマイクロコンパクトカーでは無くなってしまったのが残念に思う人もいるかもしれません。

価格情報

「スマート#1」の価格ですが、イギリスでは以下の通りとなっています。

「Pro +」:35,950ポンド(日本円換算:約657万円)
「Premium」:38,950ポンド(日本円換算:約715万円)
「BRABUS」:43,450ポンド(日本円換算:約797万円)

「スマート#3」ですが、ドイツではPro+が43,490ユーロ(約686万円)、Premiumが46,490ユーロ(約734万円)、25周年記念モデルが46,990ユーロ(約742万円)、BRABUSが50,990ユーロ(約805万円)とアナウンスされています。


今すぐ自動車保険料を安くしたい場合は?
自動車保険は保険会社が独自に保険料を設定しているため、同じ加入条件でも価格は異なります。自分に合った保険会社を探すなら「自動車保険一括見積もり」が一番損をしません。 保険の見直しで平均30,879円安くなったという調査データもあります。
タイトルとURLをコピーしました