映画トロンレガシーに登場するバイク ドゥカティ スポーツ1000/Ducati Sport1000

ドゥカティ

映画「トロンレガシー」(原題:Tron:legacy)
に登場するバイクについて紹介します。

映画「トロンレガシー」とは

2010年に公開されたSF映画です。1982年に公開された「トロン」の続編となっています。物語には触れませんが、主人公のサムが黒いバイクに乗っているシーンが複数あり、印象的ですね。

主人公が乗る黒いバイクは?

ドゥカティのスポーツ1000(Ducati Sport1000)という車種です。
ドゥカティはイタリアのバイクメーカーで、ほかにもマトリックスや、最近だとヴェノムなどの映画にも登場していますね。
主人公が会話の中で「ドゥカティ」と口にする場面もあり、この映画ではいろいろとバイクがポイントになっています。

ドゥカティ スポーツ1000とは

ドゥカティには「スポーツクラシック」(SportClassic)というスポーツバイクのシリーズがあり、そのシリーズの1車種が「スポーツ1000」です。2005年からラインナップされており、このシリーズの車種はいずれも新車販売を終了しています。

スポーツクラシックの名前の通り、スポーツバイクの性能を満たしながらも、クラシックな外観を持つシリーズです。

スポーツ1000という1人乗り仕様(Monoposto)と、スポーツ1000ビポストという2人乗り仕様(Biposto)が存在しています。映画のモデルはビポストです。2人乗りしているシーンもありますね。

スポーツ1000ビポストのスペック

全長:2180mm
全幅:710mm
全高:1030mm
シート高:825mm
乾燥重量:187kg
エンジン:空冷4ストロークL型2気筒
最高出力:83PS(61kW)

前傾姿勢で、なかなか乗りづらいバイクだと思います。しかしそのデザイン、サウンドは別格ですね。他に代わるバイクがないモデルだと思います。

そのほか、ハーフカウルを装着したスポーツ1000Sなどがシリーズにラインナップされていました。

ドゥカティ スポーツ1000の動画

映画のシーン

走行動画

エキゾーストサウンド

いいサウンドしていますね。
これより年式が新しいドゥカティに乗っていましたが、やはりこの時代のサウンドは別格です。

トロンのスポーツ1000はカスタムされている?

リアビューに注目するとカスタム箇所が見えてきます。トロンで登場するスポーツ1000は
テールライトとウインカーが通常と違っています。
トロン仕様ではテールライトとウインカーが一体になっているLEDシステムが、シートに沿うように設置されています。オリジナルかと思うほど自然なルックスです。
上で紹介したサウンド動画のスポーツ1000も同じようなカスタムが施されていますね。

パーツ販売はある?

このLEDテールですが、海外ではちょっとした定番?なカスタムのようです。

以下のリンクですが、トロンレガシー仕様のLEDテールライトを製作しているショップです。
装着例もたくさんあり、結構人気のようですね。価格と購入は電話かメールで、と記載があるので個人輸入もできそうですね。

403 Forbidden

こちらがその動画
ウィンカーもしっかり作動しています。

ちなみに映画内ではスポーツ1000のフロントウインカーは取り外されていました。
実際のところ、それでは公道を走れないのでフロントも合わせてLEDにしたいところですね。

スポーツ1000の中古車

上記で説明したように、スポーツ1000の1人乗りモデルとビポストの2人乗りモデルが存在します。映画にも登場するビポストは国内正規輸入がなかったらしく、中古市場を見ても出回ることはほぼないです。
記事を書いている時点ですが、以下のリンクでは3件の車両が販売されています。いずれも1人乗りモデルです。
スポーツ1000は在庫が非常に少ないですね。
その代わり、どの車両も状態は良さそうでした。
価格ですが、大体150万円前後でしょうか。高めの相場を保っている状況ですね。

新車・中古バイクを探すなら【グーバイク】
バイクライフを楽しむ情報サイト。国内最大級の登録数を誇るバイクからお好みのバイクを探し出そう

主人公の部屋

最後に映画の主人公であるサムが暮らす部屋の紹介です。
バイクをそのまま乗り入れできるガレージハウスですね。
ソファの後ろ側にドゥカティが停められています。非常に雰囲気いいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました