【2022】ヤマハ「TT-R125LWE」発売【オフ・ファンライディングモデル】

ヤマハ

2022年10月20日、ヤマハはオフ・ファンライディングモデル「TT-R125LWE」を発表しました。

「TT-R125LWE」は”ワイドレンジ・プレイオフバイク”をキーワードに開発、オフロードを手軽に楽しめるマシンとして2000年に販売が開始され、2007年モデルまで販売されていました。

最近では海外での販売のみでしたが、2022年11月30日に日本国内にて販売が開始されます。

「TT-R125LWE」ですが、オフロードでのファンライディングを楽しむモデルということでナンバープレートを取得できず、公道での走行はできません。

搭載されるパワートレインは123cc・空冷 4ストローク SOHC 2バルブ 単気筒エンジンです。中低速トルクを重視した特性で、レスポンスの良いVM20キャブレターにより高回転までストレスなく回るエンジンとなっています。

ホイールトラベルは前180mm、後168mmを確保、フロントサスペンションはイニシャル調整機構付き、リアサスペンションは伸側・圧側の減衰力調整機能に加えて、イニシャル調整機構も備えたリンク式です。フロントには有効径φ198mmの大径ディスクブレーキを採用しています。

「TT-R125LWE」はヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店にて2022年10月20日から12月25日までの期間限定で予約受付が実施されます。価格は税込で451,000円です。

スペック

エンジン:空冷 4ストローク SOHC 2バルブ 単気筒
排気量:123cc
シート高:805mm
車両重量:90kg

タイトルとURLをコピーしました