【購入】YZF-R15Mをローンシミュレーションしてみた【ヤマハ】2022年モデル

ヤマハ

インド向けに販売されているスーパースポーツモデル「YZF-R15M」ですが、2022年モデルが登場しました。

この記事では「YZF-R15M」の購入検討ということで、ローンシミュレーションをしています。

価格

「YZF-R15M」ですが、日本国内への正規輸入はされていません。
インドではYZF-R15が167,800~172,800インドルピー(約252,000円〜260,000円)、YZF-R15Mが177,800インドルピー(約267,000円)で販売されています。

こういった海外モデルは正規輸入されていなくても一部の販売店で並行輸入しており、購入は可能です。
バイク販売店である「バイク館SOX」ではYZF-R15Mの先行予約を実施しており、税込価格は419,000円です。
今回はこの金額でローンシミュレーションをしていきます。

ちなみにバイク館SOXでは並行輸入車に2年間、走行距離無制限の保証をつけているようです。(保証内容は要確認)
また並行輸入車でも部品は在庫、もしくは取り寄せをしているようです。
とはいえ正規輸入ではないので取り寄せには時間がかかることもあると思います。並行輸入車はアフターケアを考えると購入に踏み切れない部分もありますね。

YZF-R15Mの諸費用

税金ですが、排気量は125cc-250cc以下なので重量税が4,900円です。軽自動車税は毎年3,600円ですが、購入した初年度は0円です。
また、自賠責保険は36ヶ月加入で11,960円です。
そのほかの費用としては納車にかかる整備・点検手数料などです。
販売店にもよりますがここでは50,000円ほどと想定します。

重量税:4,900円
自賠責保険:11,960円(36ヶ月加入)
納車点検費用:50,000円

合計:66,860円

【2022年最新】車の維持費・税金シミュレーション【計算ツール】
自動車・バイクの「自動車税」「重量税」「環境性能割」「自賠責保険」を算出するシミュレーターです。 また、ローン・ガソリン代などから月間・年間の維持費を算出します。

ローンシミュレーションしてみた

YZF-R15Mの本体価格419,000円と諸費用66,860円を合計すると485,860円です。
ここではキリよく借入金額を49万円に設定します。

借入額:49万円
支払い回数:3年
金利:3%

毎月返済額:14,249円
利子合計:22,977円

支払い回数を5年に設定すると毎月返済額は8,804円です。

毎月の維持費としてはそのほかガソリン代や任意保険料がかかります。
個人によって金額は異なりますが、任意保険料が5,000円だとして支払い期間が3年なら月々19,249円〜、支払い期間が5年なら月々13,804円〜で乗れる計算です。

以下のページでは条件を設定してローンのシミュレーションができます。

【通常+残価設定型】カーローンシミュレーション【返済表あり】
残価設定・通常ローン・ボーナス設定ローンとして使えるカーローンシミュレーターです。 残価設定額を再ローンした場合のシミュレーションも可能です。 シミュレーション結果は、返済表で確認ができます。

 

タイトルとURLをコピーしました