ポルシェ981 サウンド編 SとGTSの違いは? (PSE・サウンドシンポーザー)

オープンカー

2020年現在、中古で購入するなら非常に魅力的な981ボクスターですが、特にサウンドが素晴らしいですね。

特にGTSのバリバリと鳴る排気音が素晴らしいです。

前回の記事で紹介したように、SとGTSでは価格差が250万円くらいでしょうか、まあまあな差があります。

GTSには標準でPSEのオプションが付きますので、オプションでPSE付きのSでも同じ音は出せるんじゃないかなと考えましたが調べても中々分からず。。

そこで海外のフォーラムなどを調べてみました。

私と同じような疑問を持っている人はいるようで、様々な回答もありました。

まず、GTSにはsound symposer tube(サウンドシンポーザー)というものが付いているということです。

これは最近、ほかのメーカーでもいくつか見かけますが、

車内に排気音を意図的に取り込むというような装置です。

チューブで音をキャビンに取り込むというものでしょうね。

そして、2点目ですが、PSEの違いです。

これはポルシェ純正のマフラー、スポーツエキゾーストシステムです。

GTSから改変があり、これがサウンドに影響を与えているとのことです。

また、GTSに装着されるPSEはSでも共通で使用される為、その後に販売された981Sには同じものがオプションで装着されるとのことです。

また、これはスペックから見るに当然ですが、エンジン出力の違いです。15hpなので、その差がどれほどサウンドに影響を与えるかは微妙なところですね。

もし、Sを購入する場合はGTSでも使用されているPSE付きの個体を選ぶ、もしくは後付けでPSEを装着すればいいかと思います。

出力の違いはあまり影響ないと考えていて、一番の違いはおそらくサウンドシンポーザーだと思います。

Youtubeでも聴き比べをしてみましたが、車外の音はそれほどまでの差がないように感じました。変わってPOV視点の動画(車内からの主観)ではGTSのほうがかなり激しくバリバリ音がしているようです。

勿論、撮影機器やマイクの設置位置で結果は大きく変わりますが、このサウンドシンポーザーの影響ではないか、と考えます。

冒頭にある、981SでもGTSと同じ音は出せるか?の回答ですが、

PSEをGTSと同じものを選べばかなり近い音は出るが、全く同じにはならない。が、今のところの見解です。

ただし、実際の購入検討として考えると価格差ほどの魅力があるのか、というところですね。

Sでもサウンドは既に素晴らしく、自身のほしいオプション付きの個体を選べば十分に満足できるでしょう。

Sのコスパが非常にいいのかもしれませんね。それでは。

タイトルとURLをコピーしました