アバルト124スパイダー 購入してみて気に入らないところ/不満点

アバルト

この記事ではアバルトが販売するオープンカー、124スパイダーの気に入らない点について紹介したいと思います。
124スパイダーは新車で購入・納車され、街乗りから旅行まで様々な用途で使いました。
FRオープンカーでマニュアルが選べる、今では貴重なクルマだと思います。

故障については以下の記事を参照ください。

アバルト124スパイダーは故障する?納車後の故障インプレ

エンジン(排気量)

124スパイダーのエンジンは1.4L直列4気筒ターボです。ターボ付きとはいえ、1400ccなので速いわけではないです。最高出力は170PSで、0-100km/hは約6.8秒。
クルマとしては、十分な性能だとは思います。ベースのマツダ ロードスターなどはライトウェイトスポーツカーと呼ばれますが、そういったオープンカーを楽しむといった用途であれば全く問題ないレベルではありますね。
しかし、私のように大型バイクに乗っていたり、ハイパフォーマンスカーが好きな場合だと、ちょっと物足りない感もあります。

値段が高い

私は新車で購入しましたが、6速MTだと4,060,000円、ATだと4,169,000円です。
オプションなども追加されるので実際の購入金額は更に増えますよね。ちょっと高いかなー、といった印象でした。
124スパイダーは生産終了となり、今後は中古での購入のみになります。今後の相場次第ではありますが、程度の良い個体も多そうなので保障付きの中古車を狙いたいところですね。

サウンド

マフラーはアバルト定番の「レコードモンツァ」を装着していました。
サウンド自体は非常に素晴らしく、1400ccとは思えない爆音です。
私はアフターファイアーサウンド(バブリング音)が好きですが、124でも強烈なサウンドがします。ただ、頻繁に出るわけではなく、マフラーが暖まって、タイミングが良い時だけアフターファイアーします。
価格帯は違いますが、ジャガーのFタイプだったり、BMWミニのクーパーSやJCWだと、標準でもこのバブリング音がかなり激しいです。
124スパイダーもこういったサウンドの演出は欲しかったな、と思います。

しかし、ECUのチューンでこういった演出をさせることは可能で、カスタム後のサウンドは上記で挙げた車種のサウンドに匹敵、もしくは超えるような強烈なサウンドに豹変します。

アフターファイアの出し方 アバルト595/124スパイダー Pops and Bangs

595と比較しての不満点

  • イタリアンらしさが薄い
  • FRで、優秀だけど物足りなさがある

まず、124スパイダーですが、乗車姿勢が低く、純粋なオープンカーなのでスポーツ走行を楽しめます。595にはカブリオレバージョンがありますが、完全なオープンカーではなく、トップだけが開閉するタイプなので、その点では124スパイダーのほうが優位性がありますね。

しかし、595のほうがイタリアンらしさにおいては軍配が上がります。
124スパイダーはマツダのロードスターをベースにしており、日本とイタリアのハーフといった感じ。純粋なイタリアらしさを味わうなら595をオススメします。
124スパイダーはFRで、595はFFです。こういった違いなども含め、124は優等生すぎると感じる部分も。595の、”なにかヤンチャ”な感じに惹かれます。

それでも私が124スパイダーを選んだのは、以下の理由からです。

  • 純粋なFR+オープン+MTを楽しみたかった
  • 以前はアルファロメオのミトに乗っていた
  • マツダのロードスターも大好きだった

アルファロメオのミトも素晴らしいクルマでしたが、595と同じくFFハッチバックでした。次は全く違うクルマが欲しいというのがあったので124スパイダーを選びました。

買って後悔はなかった

ここまで紹介した内容ですが、検討・試乗時に全て分かっていたことで、当然理解した上で購入しました。購入してからじっくり乗ってみて、新たに不満を感じる点は特になかったですね。

  • ベースがロードスターで安心
  • ベースがロードスターといってもイタリアンカー(アバルト)には変わりない
  • レコードモンツァのサウンドが素晴らしい
  • オープンカーは気持ちがいい
  • FR+MTは運転が楽しすぎる
  • イタリアンカーなのに優等生
  • メッチャ目立つ

など、124スパイダーの優れた点は多くあります。これから中古車などで購入検討の方にはオススメできる一台です。

タイトルとURLをコピーしました