【アバルト】500eのフェイクサウンドについてレビュー【EV】

アバルト
中古車を買うなら、ガリバー中古車検索サービスがお得?
欲しいクルマの仕様、希望の価格帯を入力するだけで中古車を探してくれるサービスです。マニアックな車探しや、仕様・価格を細かく指定でき、売り出し前の中古車も探せます。国産車最長10年・輸入車5年の保証付帯が可能です。支払いは各種ローンOK(最長84回まで)

EVモデル「アバルト500e」

アバルト初のEVモデル「アバルト500e」が2023年秋に日本上陸とアナウンスされていますが、その500eの”エキゾーストサウンド”についてお話ししていきたいと思います。

これまでのガソリンモデルである500や595では特にエキゾーストシステム「レコードモンツァ」装着によりいい音を奏でていました。レコモンサウンドはアバルトの重要な要素となっています。

対してEVモデルのアバルト500eですが、サウンド・ジェネレーター・システムを搭載しています。これは所謂フェイクサウンドで、アバルトのガソリンエンジンサウンドを再現しておりスイッチによってオンオフの切り替えが可能な仕様です。

このサウンド・ジェネレーター・システムですが、アバルト・ガソリンエンジンの加速や減速、コーナリング中のサウンドを録音・調整したものを使用しています。500eではこのサウンドを走行速度に合わせてリアに搭載されたスピーカーから発生させています。

アバルトとしてはEVとなってもサウンドは重要と捉えており、その点はいいと思うのですが、結局はガソリンエンジンのフェイクサウンドでしかないのが残念です。

現在、さまざまなスポーツメーカーがEVのサウンドをどうしようかと悩んでいると思いますが、メーカーによってはモーター音に味付けをしてサウンドを”演出”したり、今回のアバルトのようにガソリン車のフェイクサウンドを搭載する例があります。

私としてはどちらも好みになれないサウンドですが、特にガソリン車に似せたサウンドはやってはいけない事のように思えます。だったらガソリンエンジン車に乗ればいいかな、としか思えなく、結局はガソリンエンジンのサウンドの方が魅力があるというだけのことではないでしょうか。

それであればEVらしい、近未来なサウンドを追い求めた方がいいんじゃないかと考えます(ポルシェ・タイカンのサウンドのように)。いずれのメーカーでも、EVらしい魅力を持ったクルマを販売してほしいところです。

EVのサウンドがガソリンエンジン車よりも魅力的になる日が来るのでしょうか。

EVサウンド動画

アバルト500e

こちらはアバルト500eのサウンド。
サウンドジェネレーターをオン・オフにして走行している様子が確認できます。

EVらしからぬサウンド。

ポルシェ・タイカン

ちなみにこちらがポルシェ・タイカンのEVサウンド。
ガソリン車のフェイクサウンドより、EVらしいモーター音の方がいいように思えます。

アバルト・ガソリンモデル

最後に、本物のガソリンエンジン音。

EVであればジェットエンジンのような、SFのような近未来なサウンドの方が似合っているように思えます。ガソリンエンジン車の真似をするのではあまり魅力は感じられません。
そして、ガソリンエンジン車のサウンドを聴くと、まだEVはいいかなと考えてしまいます。

【価格・日本導入は?】アバルト 500e登場!スペック情報【EV】
EVモデル「アバルト500e」の日本発売日や価格、航続距離・スペック情報などをまとめて紹介しています。

今すぐ自動車保険料を安くしたい場合は?
自動車保険は保険会社が独自に保険料を設定しているため、同じ加入条件でも価格は異なります。自分に合った保険会社を探すなら「自動車保険一括見積もり」が一番損をしません。 保険の見直しで平均30,879円安くなったという調査データもあります。
タイトルとURLをコピーしました