【維持費は?】F355購入検討 ローン見積してみた【フェラーリ】

フェラーリ

この記事では2022年現在の中古相場から、F355の購入検討をしています。
F355をローンで購入した場合、月々の支払がどれくらいになるのか、自己資金はいくらあれば購入できるか、そして購入後に想定される維持費やメンテナンス費用についても検討していきます。

2022年・F355の中古相場

F355ですがMTモデル・F1マチックモデルどちらにするかで中古価格は大きく異なります。
記事を書いている時点だとF1マチックの最安が885万円、MTだと1,558万円からとなっています。
これはあくまで底値の価格なのでコンディションの良い車両、希望するオプション仕様などを選んでいくと数百万円単位で変わってきます。

ここでは底値ではいけど、かなり安めな1,200万円の車両をターゲットにしてみます。

【2022年最新】F355の中古相場は?いくらで買える?【フェラーリ】
2022年現在、フェラーリ・F355がいくらで購入できるのか中古相場情報を紹介しています。 MTモデル、F1マチックモデルそれぞれの最安価格、平均価格を紹介しています。

自己資金はいくら必要?

仮に一括購入で、1,200万円の資金をこれから貯める!となった場合を見てみます。

月々の貯金 かかる年数
100万円 1年
50万円 2年
20万円 5年
10万円 10年

月々100万円貯めると1年で貯金が貯まりますが、月々20万円だと5年、10万円だと10年もかかってしまいますね。
F355は相場が以前よりも上がっており、今後も上がっていくことを考えると早めに手に入れたいところです。

ローンだといくらで買える?

1,200万円をフルローンは難しいかもしれませんが、何割かを頭金にすれば購入も現実的になってきます。
頭金の割合によって月々のローン支払額はどうなるのか見ていきます。ここでは仮に金利を5%、支払期間を5年とします。

5年の場合

頭金 頭金の割合 月々の支払額
200万円 17% 188,712円
300万円 25% 169,841円
600万円 50% 113,227円
800万円 67% 75,484円

また、支払期間を7年、10年にすると、それぞれ以下の通りです。

7年の場合

頭金 頭金の割合 月々の支払額
200万円 17% 141,339円
300万円 25% 127,205円
600万円 50% 84,803円
800万円 67% 56,535円

10年の場合

頭金 頭金の割合 月々の支払額
200万円 17% 106,065円
300万円 25% 95,458円
600万円 50% 63,639円
800万円 67% 42,426円

月々の支払額を10万円以下に抑えるには、ある程度の頭金が必要ということですね。

【通常+残価設定型】カーローンシミュレーション【返済表あり】
残価設定・通常ローン・ボーナス設定ローンとして使えるカーローンシミュレーターです。 残価設定額を再ローンした場合のシミュレーションも可能です。 シミュレーション結果は、返済表で確認ができます。

F355の維持費は?

F355は1994年から1999年まで販売されていたモデルです。
フェラーリであること、そしてクラシックカーとも呼べるような期間が経ってきていることもあり、維持費はかなりかかると想定されます。

ここでは維持費を、通常のクルマにもかかる税金・ガソリン代などの基本的な費用と、今後必要になってくるメンテナンス費用の2つに分けて説明していきます。

税金などの固定費(年間)

自動車税:66,700円
重量税:18,900円
自賠責保険:9,060円(36ヶ月契約を年割で計算)
ガソリン代:61,818円(2,000km×170円/L×5.5km/L)
ほか:自動車保険、駐車場代

最低限かかるのは自動車税、重量税、自賠責保険料です。
排気量は3,495ccと大きく、また13年経過しているため自動車税は少し高めですね。
ガソリン代はどれくらい乗るかによりますが、一例として記載しています。

そして自動車保険ですが、契約者の属性によって大きく異なります。車両保険をつけると年間50万円以上になることもあるようなので、免責額をつけるなど工夫したいところですね。
また、ガレージがない場合は駐車場も必要ですね。

税金やガソリン代などの基本的な維持費はほかのスポーツカーなどと比べて割高ではありますが、異常に高いというわけではありません。
怖いのはメンテナンス費用の方ですね。

【2022年最新】車の維持費・税金シミュレーション【計算ツール】
自動車・バイクの「自動車税」「重量税」「環境性能割」「自賠責保険」を算出するシミュレーターです。 また、ローン・ガソリン代などから月間・年間の維持費を算出します。

メンテナンス、修理費用

現在の車両コンディションや故障の頻度で維持費は変わってきますが、実際の事例などから想定される費用を計算してみます。
以下は実際のF355オーナーなどによる情報をまとめてみました。
あくまで参考数値ではありますが、事例として確認していきます。

オイル交換:2万円〜3万円
ラジエーター交換:10万円
エンジンマウント交換:15万円
タイヤ交換:20万円
エアコン修理:20〜30万円
クラッチ交換:20万円〜40万円
足回りオーバーホール:30万円
ブレーキパッド、ローター交換:35万円
タイミングベルト交換:50万円〜70万円
エンジンオーバーホール:100万円
オルタネーター交換:140万円
F1マチック交換:200〜300万円

メンテナンス・修理費用はやはり高いですね。
ただし、メンテナンス代としてまずは50万円ほど用意しておき、そこから毎月積み立てをしていけば支払いできない金額ではないかと思います。

まとめ

・現在、F355の中古車相場は底値900万円から
・頭金を入れてローンを組むと、月々数万円から乗れることも
・維持費(固定費)はそこまで高くない
・メンテナンス費用は覚悟したほうがいい(予備費の用意+積み立てしたい)

メンテナンスにお金はかかりますが、リセールバリューの高い車なのでお金をかける価値はあるかと思います。
あくまで試算ですが、例えばリセールバリューの低い高級セダンなどを購入するのと比べるとお得な場合もあります。

F355 高級セダン
車体価格 1200万円 1200万円
値下がり率 30% 60%
買取価格 840万円 480万円
支払った金額 360万円 720万円

1200万円で買ったF355を30%の値下がり率で売却すると買取価格は840万円です。この期間、実際に支払った金額は360万円になります。これにメンテナンス代が例えば300万円かかったとしても合計で660万円です。

対してリセールバリューの低い車だと買取価格は480万円、期間中に支払った金額は720万円となります。
実際に高級セダンはリセールバリューが低く、BMW・7シリーズやマセラティ・ギブリなどは値下がり率が60%を超えることもあります。

上記はあくまで一例ではありますが、F355はメンテナンス費用がかかったとしてもその価値があると思います。

【2022】車のリセールバリューランキング【メーカー/車種/セグメント】
統計データをもとに作成された車のリセールバリューランキングを紹介しています。 リセールバリューの高い車、低い車を確認できます。

F355ですが、現在の相場だと一括で900万円から購入が可能です。ローンの場合は頭金をある程度入れると数万円〜で乗ることができます。フルローンに近い場合は月々15万円以上します。
メンテナンス費用は覚悟が必要で、あらかじめ予備費として少なくとも50万円、購入後も積み立てが必要です。

タイトルとURLをコピーしました