【価格】ホンダ「NT1100」登場!スペック情報まとめ【2022】

ホンダ

ホンダから新型スポーツツアラー「NT1100」が登場しました。
「NT1100」の価格・スペックや特徴についてまとめています。

「NT1100」概要

新型「NT1100」ですが、日常の扱いやすさ、そして長距離走行の快適さを両立したスポーツツアラーモデルです。
排気量1,082ccのエンジンを搭載し、トランスミッションは「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」を採用しています。
発売日は2022年3月17日予定、価格は税込で1,683,000円です。

発売日:2022年3月17日(木)
価格:1,683,000円(税込)
「NT1100」のローンシミュレーションをしてみました。
【購入】ホンダ「NT1100」ローン見積もりしてみた!【検討】
ホンダから新型スポーツツアラー「NT1100」が発表されたので、さっそくローン見積もりをしてみました。 月々いくらで乗れるのか、参考にしてみてください。 価格と発売日 NT1100の発売日は2022年3月17日予定、価...

「NT1100」の特徴

パワーユニット

「NT1100」に搭載されるエンジンは「水冷4ストロークOHC(ユニカム)4バルブ直列2気筒」、排気量は1,082ccです。吸排気系を専用設計とし、低速から高回転までスムーズに回る特性を持たせています。
最高出力は102PS /7,500rpm、最大トルクは104Nm /6,250rpmです。

トランスミッションですが、「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」を標準装備しています。クラッチレスなので特に長距離ツアラーとしては使い勝手がいいかと思います。

ボディ

各パーツの最適配置により、マスの集中を図ることで、高速巡航時の安定感と市街地などでの軽快性を両立させたハンドリングを実現しています。
アップライトなライディングポジション、またシート高を抑えながらシート幅のスリム化を図っているとのことです。
シート高は820mmです。

シート高:820mm

高さと角度を5段階に手動調整可能な大型のウインドスクリーンを採用、また、ハンドルグリップとステップの前部に配置したディフレクターにより、高い防風性を持たせています。

フロントフォークに倒立式ショーワ(日立Astemo株式会社)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)、リアクッションにシングルチューブ分離加圧式を採用しています。

先進装備

Apple CarPlay、Android Autoに対応した6.5インチタッチパネル式TFTフルカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを採用しています。Bluetoothによるスマートフォンやインカムとの接続が可能です。

安全装備として、前輪の浮き上がりと後輪スリップを緩和するHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を搭載しています。

ライディングモードは「TOUR」、「URBAN」、「RAIN」、そして自分好みのモード設定が可能な「USER」モードが選択できます。

その他、ETC2.0車載器やクルーズコントロール機能が搭載されています。

 

カラーリング

カラーリングは以下の2色ラインナップです。
グラフィックを使用せず、ロゴも控えめに配置されています。
大人なデザインに仕上がっていますね。

「マットイリジウムグレーメタリック」

「パールグレアホワイト」

スペック

「NT1100」のスペックです。

車名・型式:ホンダ・8BL-SC84
エンジン:水冷4ストロークOHC(ユニカム)4バルブ直列2気筒
総排気量:1,082cm3
最高出力:75kW[102PS]/7,500rpm
最大トルク:104Nm /6,250rpm
トランスミッション:電子式6段変速(DCT)
シート高:820mm
全長:2,240mm
全幅:865mm
全高:1,360mm(スクリーン最上位置1,525mm)

マニュアルトランスミッション仕様は?

欧州ではNT1100のMT仕様もラインナップされていますが、国内ではDCT仕様のみの販売です。

「NT1100」のベースモデルは?

「NT1100」はアドベンチャーモデル「CRF1100Lアフリカツイン」がベースモデルとなっています。
エンジンは吸排気系をNT1100専用にセッティング、フレームに関してもアフリカツインと共通ですが、足まわりをオンロード用にセッティングしています。

アクセサリー

「NT1100」にはパニアケースやコンフォートシートなどの純正アクセサリーが用意されています。

パニアケース(左右セット)
価格:¥137,500(税込)

パニアケースは車両本体のキーで開閉・脱着可能なワン・キー・システムタイプです。
容量は右側が約32L、左側が約33Lです。

コンフォートシート(メイン)
価格:¥24,200(税込)

コンフォートシート(ピリオン)
価格:¥18,700(税込)

メインシートは足つき性を変えずにコンフォート性能を向上させたソフトシートです。
ピリオンシート(後席)は厚みをアップさせ乗り心地を向上させています。
シート外観は赤色ダブルステッチとツートンレザーを、メインシートにはHondaタグ、ピリオンシートにはNT1100専用ロゴが設定されています。素材はPVCレザーです。

その他、トップボックスなどのアクセサリーがラインナップされています。

Honda二輪純正アクセサリー | NT1100
風と光を肌で感じ、自然と一体をなす開放感こそバイクライフの醍醐味。Hondaは、純正用品としての信頼を、バイク本体との一体開発をはじめ、数々の装着走行テストを実施することで実現しています。皆様の信頼に応える機能性・利便性に優れた用品を提供することで、新たなバイクライフの実現をサポートいたします。
タイトルとURLをコピーしました