【経験:売ってみた】車の買取価格を上げる方法【乗り換え】

維持費

車を乗り換えする場合や、車に乗らなくなった場合、ディーラーでの下取りや買取業者に買取してもらうことになります。

この記事では買取価格を上げる方法、損をしない方法を私の経験から解説しています。

買取価格を上げる方法

買取した経験

私が実際にアバルトを売却した際ですが、まずはディーラーでの下取り査定をお願いしました。
これまで数台乗り換えをしていたのですが、買取業者による買取はしたことがなく、いつもディーラーで下取りをしていたのです。

今回に限っては自分が希望する価格ではなかったので、買取業者にも査定をお願いしました。
結果として、下取りと買取では価格は数十万円も異なりました。ちなみにディーラーでの買取価格が一番安く、買取も業者によって価格は異なりました。

ディーラーでそのまま下取りをしていた、もしくは買取業者1社のみに見積もりしていた場合、数十万円単位で損をしていたわけですね。

これまでの車も買取査定していれば、もっと高く売却できていたかもしれないということです。今になって後悔ですね。

買取業者によって買取価格が異なる理由は?

・買取業者が持つ販売ルート、管理コストの違い
・業者が販売したい車がある(リクエストを受けている車種など)
・業者が得意とする特定のメーカー・車種がある

など、業者が持つ販売ルートや買取したい車種によって金額が異なります。

ディーラーでの下取りと業者による買取との違いは?

ディーラーでの下取りですが、新たな車の購入と併せて手続きができるので楽です。
買取額に関しては、買取業者の方が高くなるのが一般的なようです。
買取を専門で行っている業者の方が上記で説明したように販売ルート、コスト面からも有利だということですね。

ちなみに、ディーラーで新車もしくは認定中古車を購入する際ですが、下取り額と値引きを上手く併せた見積もりがくる場合があります。下取りなしの条件で見積もりを取得した方がよさそうですね。

結論

複数見積もりなら損をしない

車の売却時は上記の理由から複数業者での見積もり査定がオススメです。
私の実際の経験としても数十万円ほど違ったことがあるので、損をしない為には下取り査定だけとか、買取業者1社だけでの査定で決めない方がいいかと思います。

それぞれの業者に依頼するのは面倒なので、一括査定サービスもあります。

カーセンサー.net簡単ネット査定

もし買取価格が30万円違った場合

これから乗り換えする車をローン利用した際のシミュレーションです。
仮に買取価格が30万円違った場合、以下のような差が生じます。

買取額が70万円の場合

車体価格:300万円
買取額:70万円
金利:3.0%
支払い回数:3年
毎月返済額:66,886円

買取額が100万円の場合

車体価格:300万円
買取額:100万円
金利:3.0%
支払い回数:3年
毎月返済額:58,162円
買取価格が仮に30万円違った場合、月々の支払額は8,724円も変わります。
タイトルとURLをコピーしました