【計算】年収に対する車の購入額/生活費との関係【クルマ】

維持費

この記事では車の購入額と年収の関係について解説しています。

・年収に対して適正な車の購入額を知りたい
・自分の収入でどんな車が購入できるか知りたい
・月々の支払額を知りたい

といった疑問を解決します。

年収に対して適正な車の購入額

一般的に車の価格は年収の半分が目安と言われています。
年収が500万円なら250万円ということですね。

しかし実際のところ、車に対して月々いくら使えるかが重要です。
さらにいうと、その月々の金額を車を所有している限り(もしくはローン支払いが終わるまで)安定して、継続して払い続けることができるかです。

・駅近くの賃料、駐車場代が高い地域に住んでいる
・収入は高いが、趣味にかなりお金を使っている
→車に使えるお金の割合は低い
・田舎なので駐車場代が安い
・生活費以外にあまりお金を使わない
・車以外に趣味はない
・タクシー代に毎月3万円以上使っているのを車所有に変えたい
→車に使えるお金の割合は高い

あくまで一例ですが、個人の状況によって使える金額は様々です。
一括・ローンでの購入、またメンテナンスが頻繁に必要な車かどうかでも大きく変動します。

そして、購入する車の本体価格だけではなくガソリン代、自動車保険、税金など維持するための金額がいくらになるかで判断する必要があります。

〇万円の車を購入するには月々いくら必要?

ある金額の車を購入したい場合、自分でも所有できるか試算する場合のお話です。

車を維持するにあたり、かかる費用を試算することでおおよその月々の支払い額が分かります。

以下では例として300万円の車を購入した場合でシミュレーションしていきます。
各種計算シミュレーターを作成していますので、実際に希望の金額、条件で計算を試すこともできます。

結論:300万円の車は月々いくらで乗れる?

300万円の車は月々18,942円の維持費で乗れる

一括の場合:18,942円~
通常ローンの場合:72,848円~
残価ローン:54,840円~
補足
・ガソリン代、自動車税、毎年の税金や車検費用概算などを含んだ金額です。
・メンテナンス代、修理費用は含んでいません。
↑中古車の場合:修理費を毎月積み立てしたほうが安心

金額は一例として計算しています。ローンであれば頭金の有無、車種(排気量など)の違い、自動車保険料などによって維持費は大きく変動します。以下で紹介している計算シミュレーターで条件を変えて試してみてください。

年収がいくら必要かではなく、毎月○円を継続して支払いができるかで、自分自身の適正な車の購入額、車種が決まりますね。
現在の生活費にプラスしても問題なければ購入できる金額となります。

シミュレーションしてみた

300万円の車を購入すると、毎月の維持費はいくら必要になるのか試算をしてみます。

車体価格

ここでは一括の場合は初期費用と扱い、月々の支払いに含めません。
ローンであれば金利を含んだ毎月の支払い額を計算します。

通常ローン
借入額:300万円
金利:3%
借入期間:60回(5年)
毎月返済額:53,906円
残価ローン
借入額:300万円
金利:3%
借入期間:60回(5年)
残価設定額:車体価格の40%(120万円)
毎月返済額:35,898円

実際はオプション、税金など諸費用がかかります。
現在車を所有している場合、下取り額を頭金にすることで月々の返済額はかなり変動します。

毎月の支払額
一括の場合:0円
通常ローン:53,906円
残価ローン:35,898円
【通常+残価設定型】カーローンシミュレーション【返済表あり】
残価設定・通常ローン・ボーナス設定ローンとして使えるカーローンシミュレーターです。 残価設定額を再ローンした場合のシミュレーションも可能です。 シミュレーション結果は、返済表で確認ができます。

ガソリン代

燃費:10km/L
走行距離:500km
ガソリン単価:140円/L
ガソリン代:7,000円

ガソリン代は、EVやハイブリッド車のほうがかなり有利です。
以下ではEVの電気代計算シミュレーションもできます。

【自動計算】ガソリン代・燃費を計算シミュレーション
走行距離・ガソリン単価・燃費からガソリン代を自動計算するシミュレーターです。 また、走行距離・消費ガソリン量から燃費などの計算もできます。
【自動計算】EVの電気代・電費・航続距離を計算【電気自動車シミュレーション】
EVの電気代・電費を自動計算するシミュレーターです。 メーカーカタログの数値から航続距離・バッテリー容量の算出ができます。 また、電気代・ガソリン代の比較シミュレーションも可能です。

自動車税

排気量が2,000cc以下だと毎年36,000円です。
月割りにすると3,000円です。
【2022年最新】車の維持費・税金シミュレーション【計算ツール】
自動車・バイクの「自動車税」「重量税」「環境性能割」「自賠責保険」を算出するシミュレーターです。 また、ローン・ガソリン代などから月間・年間の維持費を算出します。

駐車場代

これは個人によって異なるので、ここでは0円で計算します。

自動車保険料

自動車保険料も年齢など条件によってかなり異なります。
ここでは5,000円で設定します。

車検費用

新車であれば3年後、その後は2年ごとに車検がやってきます。

車検基本料:数万円程度~(ここでは5万円に設定)
部品交換など整備代:車のコンディションによって
法定費用:重量税、自賠責保険料など
重量税
1.5トン以下
1年あたり:12,300円
月割り:1,025円
自賠責保険(普通自動車)
24ヶ月:20,010円
36ヶ月:27,180円
月割り:約834円(24か月加入)

概算:94610円~(車検1回あたり)
月割り:約3,942円~

上記の金額に消耗品代、整備代などが加わります。
特に維持費のかかる中古車の場合、車検費用は毎月積み立てておきたいですね。

【2022年最新】車の維持費・税金シミュレーション【計算ツール】
自動車・バイクの「自動車税」「重量税」「環境性能割」「自賠責保険」を算出するシミュレーターです。 また、ローン・ガソリン代などから月間・年間の維持費を算出します。

計算結果

毎月の維持費は一括支払いであれば18,942円~、通常ローンであれば72,848円~といった結果です。また、残価設定型ローンだと54,840円~に抑えることができます。

一括の場合:18,942円~
通常ローンの場合:72,848円~
残価ローン:55,840円~
【統計データ】車 一括・ローン どっちが多い?どっちがいい?【経験】
車の購入方法で「現金一括」と「ローン」どちらが一般的に多いのか、またどちらのほうが良いのかを調査データ・実際の経験から解説しています。 また残価設定型ローンのメリット・デメリット、注意点なども解説しています。

まとめ

毎月のガソリン代、自動車保険料だけではなく自動車税、車検費用などを積み立てすると想定して費用を算出しました。
一例として試算しているので、条件を変えてシミュレーションを試してみてください。

実際は、上記に加えてメンテナンス代などもかかってはきますが、トータルでの金額を算出することで実際に車の所有が無理ないか、おおよその確認ができるかと思います。

新車・中古車どっちがいい?

新車の方が予想外の出費が少ない分、車体価格を高めに設定できることもあるかと思います。
また、ディーラーのメンテナンスパックがあれば加入をオススメします。

新車:数年先までの月々の支払額を計画しやすい。

中古車の場合、メンテナンス代・修理費を積み立てした方がいいかと思います。
認定中古車の保証制度を利用すると故障リスクを軽減できますね。

中古車:車体価格が新車と比べて安い。ただし故障時の出費は予想しにくいので注意。認定中古車の保証制度を使うと安心。
【買ってみた】認定中古車のメリット・デメリット解説【購入方法】
「認定中古車」「一般の中古車」それぞれを購入した経験からメリット・デメリットなどの解説をしています。
単純に車体価格と年収で検討するのではなく、車体価格+維持費から月々の支払額を算出し、現在の生活費にプラスしても問題ないかで適正な金額を検討するといいかと思います。

これから購入したい車の車体価格、排気量、自動車保険料などをチェックして、ここで紹介した各種計算シミュレーションを試してみてください。

【通常+残価設定型】カーローンシミュレーション【返済表あり】
残価設定・通常ローン・ボーナス設定ローンとして使えるカーローンシミュレーターです。 残価設定額を再ローンした場合のシミュレーションも可能です。 シミュレーション結果は、返済表で確認ができます。
【2022年最新】車の維持費・税金シミュレーション【計算ツール】
自動車・バイクの「自動車税」「重量税」「環境性能割」「自賠責保険」を算出するシミュレーターです。 また、ローン・ガソリン代などから月間・年間の維持費を算出します。

 

 

タイトルとURLをコピーしました