【価格】ジープ 新型コマンダー発売!スペック情報【2022】

ジープ

2022年10月24日、ジープは7人乗りの新型SUV「Jeep Commander(ジープ・コマンダー)」を発売すると発表しました。

新型「コマンダー」はジープ伝統のオフロード性能を維持しながら、7名の乗車が可能な3列シート、快適性や安全性を高める機能を装備し、また荷室のアレンジ性や積載性を実現した新世代のミッドサイズSUVです。

エクステリアはジープのフラッグシップモデル、Grand Cherokee Lからインスピレーションを得たデザインを採用しています。
水平方向に伸びるJeep伝統の7スロットグリルはヘッドライトと一体化し、安定感のあるスタイリングに仕上がっています。ヘッドライトは、前走車や対向車の有無を検知してロービームとハイビームを自動で切り替えるオートハイビームシステム、視認性の高いシーケンシャル式のターンシグナルランプを装備しています。

インテリアにはレザーが採用されており、カラーはブラック、またはエンペラドールブラウンがボディカラーに応じて組み合わされます。
レザーシートにはシートのサポート部にダイヤモンドキルティング処理が施され、高級感のあるデザインとなっています。

運転席にはフルカラー10.25インチマルチビューディスプレイ、オーディオナビゲーションシステム(Uconnect) 10.1インチタッチパネルモニターを備え、また快適機能としてはオートエアコンディショナー (デュアルゾーン温度調整機能付)、フロント8ウェイパワーシート(運転席側メモリー機能付) 、ハンズフリーパワーリフトゲートなどが採用されています。

運転支援機能も充実しており、前走車と一定の車間距離を保ちながら追従するアダプティブクルーズコントロール、ドアミラーの死角にある車両の存在を警告するブラインドスポットモニター、駐車場から出庫の際に側方からの車両の接近を警告するリアクロスパスディテクション、高速道路でドライバーの運転負荷を軽減するハイウェイアシストシステム、車線からの逸脱の予防や車線変更時の安全確保に寄与するアクティブレーンマネジメント、駐車時の安全性を高めるサラウンドビューカメラシステム、衝突被害軽減ブレーキ(歩行者、サイクリスト検知機能付)などを装備しています。

パワートレインには2.0L DOHC直列4気筒ターボディーゼルエンジンを採用しており、最高出力170PS、最大トルクは350Nmを発揮します。トランスミッションには9速AT、駆動方式は電子制御4×4システム「Jeep アクティブドライブ」を採用しています。

新型「コマンダー」の価格は税込で597万円です。

スペック

エンジン:2.0L DOHC直列4気筒ターボディーゼル
最高出力:125kW(170PS)
最大トルク:350Nm
トランスミッション:9速AT
駆動方式:4輪駆動(オンデマンド方式)
ステアリング位置:右

タイトルとURLをコピーしました