【2022】グランドチェロキーにPHEVモデルが追加【ジープ】

ジープ

2022年10月24日、ジープは新型「Grand Cherokee(グランドチェロキー)」に2列シートの標準ボディ仕様、またプラグインハイブリッドモデルを新たに設定すると発表しました。

新型「グランドチェロキー」はジープのフラッグシップモデルで2022年2月に、10年ぶりにフルモデルチェンジを遂げています。

新たに設定される2列シート・5名乗車の標準ボディ仕様ですが、ボディサイズは全長4,900mm(Summit Reserve 2.0L 4xeは4,910mm)、全幅1,980mm、全高1,810mm、ホイールベース2,965mm、そして最小回転半径は6.0mです。7人乗り仕様に対して全長は約300mm、ホイールベースは125mm短縮されています。モデル初の電動化仕様であるプラグインハイブリッド車と、ガソリン車の2タイプが設定されます。

ガソリンモデルに採用されるパワートレインは2.0L 直列4気筒ターボエンジンで、最高出力272PSを発揮します。トランスミッションは8速AT、駆動方式は4輪駆動(オンデマンド方式)です。

プラグインハイブリッドモデルに採用されるパワートレインはガソリンモデルと同じく2.0L 直列4気筒ターボエンジンで、最高出力272PSです。また、電気モーターが2基搭載され、最高出力はそれぞれ63PS、145PSです。リチウムイオンバッテリーの総電力量は14.87kWhで、モーターのみで最長53kmの走行が可能です。

プラグインハイブリッドモデルには電気モーターとガソリンエンジンを状況に応じて効率良く活用するHYBRIDモード、モーター駆動の領域が最大限に拡大されるELECTRICモード、エンジンを優先的に使用するE-SAVEモードといった3種類の走行モードが選択できます。また、回生ブレーキも搭載しています。

価格は以下の通りです。

Grand Cherokee(2列シート・5人乗り)メーカー希望小売価格(税込)
Limited 2.0L(ガソリン)¥8,920,000
Limited 2.0L(ガソリン) サンルーフ仕様¥9,100,000
Limited 2.0L 4xe(プラグインハイブリッド)¥10,370,000
Summit Reserve 2.0L 4xe(プラグインハイブリッド)¥12,270,000

※パールコート塗装 +¥55,000

スペック(PHEV)

エンジン:2.0L 直列4気筒ガソリンターボ
エンジン最高出力:200kW(272PS)
P1モーター最高出力:46kW(63PS)
P2モーター最高出力:107kW(145PS)
バッテリー総電力量:14.87kWh
EV走行換算距離(WLTCモード):53km
トランスミッション:8速AT
駆動方式:4輪駆動(オンデマンド方式)

タイトルとURLをコピーしました