【価格】トヨタEV「bZ4X」申込金を半額に値下げと発表【販売再開】

トヨタ

ホイール脱落のリコールを解決したトヨタ「bZ4X」ですが、販売再開にあたり契約申込金と月額利用料が改定されることになりました。2022年10月26日より申込受付を開始しています。

「bZ4X」は通常の購入方法とは異なり、リース契約(KINTO)のみでの提供となります。まず、これまで契約申込金として必要だった770,000円が、改定後は半額の385,000円に変更されました。そして月額利用料は、10年のうち最初の4年が107,800円でしたが106,700円に変更されました。また、これまで申込対象外だった法人も利用できるように変更されました。

全体の料金体系についてはこれまでと同じく、5年目以降は月額料金が段階的に引き下げられる仕組みです。

1〜4年目:106,700円/月
5年目:74,690円/月
6年目:69,410円/月
7年目:64,020円/月
8年目:58,740円/月
9年目:53,350円/月
10年目:48,070円/月
Zグレード(FWD)、18インチタイヤ×標準ルーフパッケージ、追加オプションなし、補助金適用なしの場合

契約期間は10年となっており、5年未満で解約する場合、以下の中途解約金が必要です。さらに、査定減点や超過走行による清算金が必要な場合があります。

1〜12ヶ月目:1,320,000円
13〜24ヶ月目:1,155,000円
25〜36ヶ月:990,000円
37〜48ヶ月目:825,000円
49ヶ月目以降:不要

「KINTO」bZ4X専用プランは税金や自動車保険も含まれるフルサービスリースです。また、駆動用バッテリー保証、コネクティッドサービス、車検、法定点検費用なども含まれています。
ただし月額料金はかなり高く、あくまでリースなので好きなタイミングで売却し、乗り換えの資金に充てるなどといったことはできません。「bZ4X」はローンでの購入はできず、リース契約(KINTO)のみの取り扱いです。リースでの購入は自身のライフスタイルに合ったものかどうか、要検討かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました