【PHEV】トヨタ ハリアーにプラグインハイブリッドモデル追加!【スペック】

トヨタ

2022年9月26日、トヨタはハリアーを一部改良するとともに、プラグインハイブリッドシステム搭載車を新設定すると発表しました。

プラグインハイブリッドモデルはZグレードに設定され、総電力18.1kWhのバッテリーを搭載、システム最高出力は225kW(306PS)を発揮します。

随所にブラック塗装を施し、内装にはインストルメントパネルからドアトリムへ金属メッシュ質感のダークレッドパイピングオーナメントを採用しています。また、専用フロントグリルなども採用しています。
最大1,500W(AC100V)の外部給電システムや後席シートヒーター、床下透過表示機能付パノラミックビューモニターを標準装備としています。

また、ハリアーの一部改良内容は以下の通りです。

・プリクラッシュセーフティに交差点右折時の対向直進車及び右左折時の対向方向から横断してくる歩行者を検知する機能を追加した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備
・コネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオを採用。12.3インチの大画面ディスプレイを設定したほか、車載ナビを搭載。クルマがWi-Fiスポットになる「車内Wi-Fi」を採用
・12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションディスプレイを採用

価格は税込で3,128,000円~6,200,000円です。プラグインハイブリッドモデルの価格は6,200,000円です。

スペック(PHEVモデル)

エンジン:2.5L 直列4気筒ガソリン
最高出力:130kW(177PS)/6,000rpm
最大トルク:219Nm/3,600rpm

フロントモーター
最高出力:134kW(182PS)
最大トルク:270Nm

リアモーター(E-Four)
最高出力:40kW(54PS)
最大トルク:121Nm

システム最高出力:225kW(306PS)
バッテリー総電力量:18.1kWh
EV走行換算距離:93km(WLTCモード)

タイトルとURLをコピーしました