【2022】トヨタ GRカローラ RZ /モリゾウエディション登場!スペック情報

トヨタ

2022年6月1日、TOYOTA GAZOO Racingから「GRカローラ RZ」と「GRカローラ モリゾウエディション」が発表されました。

GRカローラ RZ

「GRカローラ RZ」は今年4月に公開された新型車「GRカローラ」の日本仕様グレードで、2022年秋頃から発売を予定しています。

「GRカローラ RZ」に搭載されるパワートレインは1.6L直列3気筒インタークーラーターボ付きエンジンで、最高出力は304PSです。トランスミッションについてはiMT(6速マニュアルトランスミッション)が採用されます。
トヨタ純正スポーツ4WDシステムGR FOURをGRカローラ仕様に最適化して搭載しています。

GRカローラ モリゾウエディション

「GRカローラ モリゾウエディション」はモリゾウこと豊田社長が強くこだわりを持つ「お客様を魅了する野性味」を追求したグレードとのことです。
2022年秋頃から予約抽選を受付、冬頃から台数限定にて発売を予定しています。

「GRカローラ モリゾウエディション」にはRZと同じエンジンが搭載され、最高出力も同じく340PSです。最大トルクに関しては370Nmから400Nmへ向上しています。
リヤシートは撤去され、2シーター仕様にすることで約30kgの軽量化を実現しています。

特徴は以下の通りです。

・リヤシートを撤去し乗車定員を2名としたことで約30kgの軽量化を実現

・最大トルクを370Nmから400Nmへ向上。中回転域のトルクを高めることで加速性能を向上

・構造用接着剤を3.3m追加で塗布し、ボディ補強ブレースを追加することで、ボディ剛性をさらに強化

・ディファレンシャルギアのローギアード化と、1~3速のクロスギアレシオ化により、動力性能の向上と、気持ちのよいギアのつながりを実現

・10mm拡幅したハイグリップタイヤを採用することにより、コーナリング時の安定性・ブレーキ性能を向上

・しっかりと体をホールドする専用セミバケットシートを採用。走行性能向上によってドライバーに多くのGがかかる中でも、正確なドライビングをサポート

・インテリアでは、ドアトリムオーナメントやインストルメントパネルなどへ鋳物ブラック塗装を施し、ステアリングやコンソールにはウルトラスエード表皮を採用。スポーティな室内空間に上質さを加えた

・外板色には、マットスティールを専用設定。さらに、GRカローラ モリゾウエディションならではのこだわりの証として、ウィンドシールドガラスにモリゾウサインを施した

スペック

GRカローラ RZ

エンジン:1.6L直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力:224kW(304PS) /6,500rpm
最大トルク:370Nm /3,000~5,550rpm
車両重量:1,470kg
トランスミッション:iMT(6速マニュアルトランスミッション)
駆動方式:スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”電子制御多板クラッチ式4WD(3モード選択式)
サスペンション(フロント):マクファーソンストラット式
サスペンション(リア):ダブルウィッシュボーン式
ホイール:BBS製鍛造アルミホイール(センターオーナメント付)
タイヤ(フロント・リヤ):235/40R18 YOKOHAMA ADVAN APEX V601

GRカローラ モリゾウエディション

エンジン:1.6L直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力:224kW(304PS) /6,500rpm
最大トルク:400Nm /3,250~4,600rpm
車両重量:1,440kg
トランスミッション:iMT(6速マニュアルトランスミッション)
駆動方式:スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”電子制御多板クラッチ式4WD(3モード選択式)
サスペンション(フロント):マクファーソンストラット式(倒立式モノチューブアブソーバー採用)
サスペンション(リア):ダブルウィッシュボーン式(モノチューブアブソーバー採用)
ホイール:BBS製鍛造アルミホイール(センターオーナメント付)TOYOTA GAZOO Racingロゴ入り
タイヤ(フロント・リヤ):245/40R18 Michelin PILOT SPORT CUP 2

タイトルとURLをコピーしました