【2022】アバルト F595登場!価格・スペック情報まとめ【ABARTH】

アバルト

2022年5月31日、ステランティスジャパンはアバルト595の新グレード「F595」を新たに発表しました。
「F595」はスポーツ性と快適性のバランスに優れた新グレードで、搭載されるトランスミッションは5速MTのみ、左/右ハンドル仕様が選択できます。
本国では595 Pista(日本では2020年5月より限定車として展開)の後継モデルに位置付けられます。

F595専用のアクセントカラーを含む、全5種類のボディカラーがラインナップされ、専用レイアウトを採用した高性能エキゾーストシステム「レコードモンツァ」が標準で採用されています。
発売日は2022年7月9日、価格は税込で390万円です。

発売日:2022年7月9日(土)
価格:3,900,000円(税込)

エンジン・パフォーマンス

「F595」はアバルトがエンジンサプライヤーを務める「フォーミュラ4」に敬意を表したモデルです。
搭載されるパワートレインは「フォーミュラ4」シリーズにも供給される1.4リッター直列4気筒DOHCインタークーラーターボエンジンで、最高出力は165PSとなっています。
「F595」の0-100km/h加速は7.3秒です。

ベースグレード「595」は廃止

従来の595ベースモデルは、在庫がなくなり次第、販売終了です。
「F595」はラインナップの中で最安グレードとなりますが、アバルトでは「F595」を”スーパースタンダード”と呼んでいて、新構造に進化を遂げた高性能エキゾーストシステム「レコードモンツァ」を標準搭載しています。
最高出力については、従来の145PSから165PSへと引き上げられており、フルオートエアコン、リアプライバシーガラスが標準装備となりました。

なおアバルトには他に、ツーリングモデルの「595ツーリズモ」「595Cツーリズモ」、上位グレードの「595コンペティツィオーネ」がラインナップされています。

トランスミッションは5速MTのみ

「F595」に搭載されるトランスミッションは5速MTのみで、AT(ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション)は選択できません。
「595ツーリズモ」、「595Cツーリズモ」、「595コンペティツィオーネ」ではATモデルが選択可能です。

ボディタイプはハッチバックのみ

現時点で「F595」のボディタイプは通常のハッチバックのみです。カブリオレモデルの導入はありません。
カブリオレモデルについては日本国内では「595Cツーリズモ」が用意されていますが、こちらはマニュアルトランスミッションの選択はできません。

装備

「F595」にはハの字に配されたツインデュアル式エキゾーストエンドを採用した「レコードモンツァ」が標準装備されています。
また、標準コイルスプリングにKONI製FSDショックアブソーバー(リア)が組み合わされたサスペンションを装備しています。

7インチタッチパネルモニターの総合インフォテインメントシステム「Uconnect」が採用されており、ラジオやUSB入力に対応したメディアプレイヤー機能、Bluetoothハンズフリー通話機能、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応しています。
Uconnectにスマートフォンを接続することにより、タッチパネルから直接スマートフォン内のマップ、ミュージック、電話などが使用可能です。

エクステリア

エクステリアは、5種類のベースカラーに、アクセントカラーを組み合わせた5バリエーションがラインナップされます。

Grigio Campovolo(グレー)+レッドアクセント

Rosso Abarth(レッド)+ブラックアクセント

Bianco Gara(ホワイト)+グリーンアクセント

Grigio Record(グレー)+ブルーアクセント

Nero Scorpione(ブラック)+イエローアクセント

Grigio Campovolo(グレー)以外のカラーはオプション扱いとなり、オプション費用は55,000円です。

インテリア

「F595」はブラックを基調としたインテリアが採用され、ヘッドレスト一体型のスポーツシート、レザーメーターフード、レザーシフトノブなどが標準装備されています。
インストルメントパネルはダークグレー、シートカラーはブラックで、素材はファブリックです。

フルオートエアコン、リアプライバシーガラス、ヒーテッドドアミラーなども標準装備されています。

まとめ

従来の595ベースモデルは廃止となり、「F595」がアバルトのラインナップで最安モデルとなります。

従来の595ベースモデルは320万円、「F595」は390万円と、かなりの価格差です。
ただし「F595」には、エキゾーストシステム 「レコードモンツァ」やフルオートエアコン、リアプライバシーガラスといった装備が追加されており、価格なりの機能が備わっているとは思います。

また、上位グレード「595コンペティツィオーネ」MTモデルの価格は432万円で、「F595」との価格差は42万円です。

「595コンペティツィオーネ」にはサベルト製のレザー/アルカンターラシートが標準装備され、最高出力は180PS、0-100km/h加速は6.7秒とさらにハイパフォーマンスなモデルです。
どのモデルを選ぶかは、非常に悩ましいところですね。

「F595」スペック

エンジン:直列4気筒 DOHC 16バルブ インタークーラー付ターボ
排気量:1,368cc
トランスミッション:5速マニュアルトランスミッション
ハンドル位置:右・左
最高出力:121kW(165PS) /5,500rpm
最大トルク:210Nm /2,000rpm SPORTスイッチ使用時 230Nm /2,250rpm
駆動方式:FF
車両重量:1,120kg
乗車定員:4名
全長:3,660mm
全幅:1,625mm
全高:1,505mm
ホイールベース:2,300mm

タイトルとURLをコピーしました