【統計データ】トライアンフは故障しやすい?解説まとめ【故障率】

トライアンフ

この記事ではイギリスのバイクメーカー「トライアンフ・モーターサイクル」は故障しやすいのか、維持費は高いのかなど解説しています。

ネットで情報を見ると

・トライアンフ 後悔
・トライアンフ すぐ壊れる
・トライアンフ 信頼性

などでよく検索されているようです。

また、口コミ・評判情報を調べると

・原因不明の警告灯エラーが発生
・国産よりは故障しやすい
・大量のオイル漏れが発生
・購入直後にエンジンが故障

といったネガティブな情報も多く見られます。
ただし反対に数年壊れたことがない、といった意見も。

販売台数の多くない輸入メーカーなのでたしかに故障は気になるところです。

口コミや評判情報では、特定のモデルや特定の部品で故障が発生しやすいといった傾向については情報が得られることもありますが、実際にどれくらい壊れやすいのかは判断しづらいです。
トライアンフに関しては故障に関する統計データがあるので、そのデータに基づいて解説していきます。

トライアンフは故障しやすい?

2015年と少し前ですが、コンシューマーレポートがバイクメーカーごとの故障率データを出しています。

メーカー 故障率
ヤマハ 11%
スズキ 12%
ホンダ 12%
カワサキ 15%
ヴィクトリー 17%
ハーレーダビッドソン 26%
トライアンフ 29%
ドゥカティ 33%
BMW 40%
カンナム 42%
ERROR: The request could not be satisfied

トライアンフは10メーカー中7位で、故障率は29%といった結果です。

国産メーカーと比べると信頼性は低いといったことですね。
全体で見るとハーレー(26%)とドゥカティ(33%)の中間といったところです。

国産メーカーを乗ってきた人からするとかなり故障しやすい、ただし海外メーカーの中では信頼性は低いわけではないと言えます。

この統計は2015年のデータのため、最近では信頼性がより上がっているといったこともあるかと思います。
バイクの故障に関しては大きな調査が実施されることは少なく、2022年度版は現在ありません。

バイクメーカー毎の故障率/壊れやすい部品ランキング
故障率はどれくらい? 2015年と少し前の情報ですが、バイクメーカーごとの故障率レポートがありますので参考までにどうぞ。アメリカのコンシューマーレポートが発表したもので、購入してから4年間の間に故障する確率を統計としていま...

トライアンフの維持費は高い?

トライアンフに限らずスポーツタイプのモデルや車体価格が高いモデルに関しては維持費は高い傾向にあります。
ハイパフォーマンスモデルであれば部品の消耗が早くパーツの交換頻度が高い、定期的な点検が必要といった理由などがあります。
また輸入バイクの場合、工賃が国産バイクよりも割高なことが多いです。
そして車体価格が高ければ部品代も当然高価となります。

トライアンフの保証制度

ここからはトライアンフのメーカー保証および認定中古車について説明していきます。
国産メーカーと比べて故障率の高いトライアンフですが、メーカー保証、中古バイクの取り扱いに関していうと、かなり充実しています。
故障が不安な場合には新車での購入、もしくは認定中古車での購入が一番安全です。

トライアンフですが、標準で2年間の新車保証が付帯します。
また、延長保証制度を導入しており、1年間もしくは2年間追加で保証を付けることができ、最大で5年間のメーカー保証が受けられます。

新車保証:2年間
延長保証:1年間もしくは2年間
最大で5年間の保証が受けられる

また、トライアンフでは認定中古車制度があります。

認定中古車

・正規輸入車であること
・車両骨格(フレーム)に修復歴が無いこと
・総走行距離は30,000km以内
・初年度登録より6年以内
・最長2年3ヶ月(最初の3ヶ月は“初期不具合発見期間”として販売店が保障)

トライアンフが扱う中古バイクは上記のような一定の条件があります。
一般の中古車と比べて価格は高いですが、それだけ安心感があります。

結論・まとめ

トライアンフですが、輸入メーカーの中では信頼性は悪くないことが分かりました。とはいえ国産メーカーと比較すると信頼性は低いといった結果です。
国産メーカーの信頼性は非常に高いので、当然の結果かもしれません。

バイクに関しては国産メーカーであったとしても、保証付きの車両購入がいいかと思います。
トライアンフの場合、新車で最大5年間の保証なのでかなり安心感あります。
また、新車では高すぎるという場合であれば認定中古車の利用もオススメできます。
認定中古車のメリットは長期保証が付帯されるだけではなく、車両コンディションが良いということです。トライアンフでは修理歴がないこと、走行距離が30,000km以内であることなどの条件があります。

保証のないバイクは故障時、数十万円単位で修理費用が発生することもあり得ます。
車体価格が多少高くても新車だったり認定中古車のほうが月々の維持費が安定していいかと思います。

ローンシミュレーター

ローンで購入する際の参考としてローンシミュレーターを作成しました。
借入額、金利などを入力してお使いください。

車体価格
車体価格を入力してください。
万円
諸経費
諸経費、オプションなどを入力してください。
万円
下取り額
下取りについて
車の買い替えで、買取り・下取りがある場合は入力してください。
万円
支払い回数
テキストが入ります。
テキストが入ります。
リンク
ヶ月
金利
元利均等方式です。
%
ボーナス返済額
ボーナス返済を設定する場合、入力してください。。
万円
ボーナス支払い月
年2回のボーナス払いで計算します。
借入年月
借入年月の翌月から支払いが開始されます。
残価設定額
残価ローンの場合、入力してください。
メーカーやモデルによって残価設定できる金額は異なります。
車体価格の %
万円
再ローンの支払い回数
残価設定額を再ローンしたい場合は入力してください。
再ローンしない場合、これより以下の項目はそのままで大丈夫です。
ヶ月
残価の再ローン金利
%
再ローンのボーナス返済額
テキストが入ります。
テキストが入ります。
リンク
万円
再ローンのボーナス支払い月
テキストが入ります。
テキストが入ります。
リンク
端数処理
計算方法を指定できます。
通常はそのままで大丈夫です。
×

モーダル1のテキストが入ります。モーダル1のテキストが入ります。

×

車を買い替えする場合、以下の方法があります。

・ディーラーなどの購入店で下取り
・買取専門店での買取り

結果として借入額を減らすためにも、複数のお店で査定することをオススメします。

×

モーダル3のテキストが入ります。モーダル3のテキストが入ります。

×

モーダル4のテキストが入ります。モーダル4のテキストが入ります。

×

モーダル5のテキストが入ります。モーダル5のテキストが入ります。

×

モーダル6のテキストが入ります。モーダル6のテキストが入ります。

×

モーダル7のテキストが入ります。モーダル7のテキストが入ります。

×

モーダル8のテキストが入ります。モーダル8のテキストが入ります。

×

モーダル9のテキストが入ります。モーダル9のテキストが入ります。

×

モーダル10のテキストが入ります。モーダル10のテキストが入ります。

×

モーダル11のテキストが入ります。モーダル11のテキストが入ります。

×

モーダル12のテキストが入ります。モーダル12のテキストが入ります。

×

モーダル13のテキストが入ります。モーダル13のテキストが入ります。

シミュレーション結果
TOPに戻る
借入額
下取り額を引いた金額が借入額となります。
0
ボーナス返済額
テキストが入ります。
テキストが入ります。
リンク
0
支払い回数
残価ローンの場合、最終回に残価設定額を精算することになります。
0
毎月返済額
テキストが入ります。
テキストが入ります。
リンク
0
ボーナス返済月
毎月の支払い+ボーナス支払いの合計金額が表示されます。
0
利子合計
テキストが入ります。
テキストが入ります。
リンク
0
総返済額
残価設定額を除いた総返済額が表示されます。
0
残価設定額
残価再ローンの場合、以下の「返済表を見る」ボタンから毎月の返済額などを確認できます。
(通常ローン+残価ローンの2つの返済表が表示されます)
0

計算結果は処理方式の違いなどから各金融機関によって異なる場合があります。
計算結果に対して一切の責任を負いかねます。実際の借入時は金融機関で見積もりをしてください。

返済表
毎月支払い分 ボーナス支払い分 合計
回数 年月 返済額 元金分 利子分 返済額 元金分 利子分 元金残高
残価を再ローンした場合
毎月支払い分 ボーナス支払い分 合計
回数 年月 返済額 元金分 利子分 返済額 元金分 利子分 元金残高
タイトルとURLをコピーしました