【航続距離・電費】スバル「ソルテラ」スペックまとめ【EPA/WLTC】SOLTERRA

スバル

スバルは2021年11月11日、新型BEV(電気自動車)「ソルテラ」を発表しました。ソルテラはトヨタと共同開発したBEV専用プラットフォーム、e-Subaru Global Platformを使用したモデルです。
バッテリー容量はトヨタの「bZ4X」と同じく71.4kWhとなっています。
駆動方式もトヨタと同じく前輪駆動(AWD)もしくは四輪駆動(4WD)を選択できます。

日本発売日はいつ?

2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国等に導入予定とアナウンスされています。

スペック

現時点でアナウンスされているスペックは社内測定値となっており、発売時には変更される可能性もあります。

駆動方式 FWD AWD
最大出力(フロントモーター) 150kW(203.9PS) 80kW(108.8PS)
最大出力(リヤモーター) 80kW(108.8PS)
最大出力(システム合計) 150kW(203.9PS) 160kW(217.5PS)
全長 4,690mm
全幅 1,860mm
全高 1,650mm
ホイールベース 2,850mm
車両重量 1,930kg~ 2,020kg~
車両総重量 2,205kg~ 2,295kg~

電費・航続距離

ソルテラのWLTCモードでの電費はFWD車で530km前後、AWD車で460km前後とされています。
電費はそれぞれ530km、460kmに対して計算をしています。

WLTC

駆動方式 FWD 4WD
バッテリー容量 71.4kWh
航続距離(WLTC) 530km前後 460km前後
電費 7.4km/kWh 6.4km/kWh

EPA

以下のEPA航続距離はあくまで概算のため、参考数値としてください。

駆動方式 FWD 4WD
バッテリー容量 71.4kWh
航続距離(EPA) 473.2km前後 410.7km前後
電費 6.6km/kWh 5.8km/kWh

WLTC、EPAモード換算については以下の記事を参照ください。

【自動換算】電費モードを自動換算 EPA・WLTC・JC08・NEDC【電気自動車・EV】
電気自動車・電費の各基準について解説、自動換算シミュレーターを紹介しています。 シミュレーターでは、EPA・WLTC・JC08・NEDCの航続距離を相互に変換できます。

電気代は?

以下の記事ではEVの電気代シミュレーションができます。

【自動計算】EVの電気代・電費・航続距離を計算【電気自動車シミュレーション】
EVの電気代・電費を自動計算するシミュレーターです。 メーカーカタログの数値から航続距離・バッテリー容量の算出ができます。 また、電気代・ガソリン代の比較シミュレーションも可能です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました