【100均自作】シフトガード/シフトパッドで靴の傷付き防止対策

バイク

MTのバイクに乗るとシフトチェンジ時に靴が擦れて傷付いてしまいます。
本来はバイク専用のブーツなどを履けば良いのですが、ちょっとした街乗りなどでは普通のスニーカーで乗るときもあると思います。
最近、真っ白のスニーカーを購入したので、なるべく傷付けたくないと対策を考えてみました。

以下、一般的な対策と私が実際に試してみた対策方法を紹介します。

バイク専用のブーツを履く

画像のようなバイク専用のブーツを履くのが本当は理想的ですよね。
シフトガードが最初から付いていて、バイクに最も適したブーツとなっています。
しかし、街乗りなどではなかなか使いづらいでしょう。

バイク専用のスニーカーもある

デイリーユースを考慮した、ライダー向けのスニーカーもあります。
画像はダイネーゼのスニーカーです。
スニーカーですが、ちゃんとシフトガードが付いているので、傷の心配は要らないですね。
しかし、自分が普段使いしてるスニーカーを履きたいところです。

市販のシフトガード/シフトパッドを使う

靴に装着するシフトガードです。
傷の防止は期待できますが、装着するのがちょっと面倒です。
ツーリング用としては良いかもしれません。
数百円程度から販売されています。

バイク側に付ける市販のシフトガード/シフトパッドを使う

シフトペダル側にクッションとなるシフトパッドを装着し、傷を防止するという方法です。
これならスニーカー側はそのままでOKですね。
市販品ですが、数百円程度から販売されています。
クッション性があまり期待できないものや、自分のバイクにフィットするのか
サイズ感が分からない為、下で紹介する自作で試すことにしました。

100均でシフトガード/シフトパッドを自作する

100均やホームセンターに、画像のようなスポンジクッションが販売されています。(私はホームセンターで見つけたので、110円でした。)
自分のバイクのペダルに合いそうなサイズを適当に買って、装着してみました。

装着して、あとは不要な部分をカットするだけです。
私の場合はサイズがピッタリで、そのままでも外れない感じでした。
少し緩い場合は、結束バンドなどで根元を固定するなどしても良いかもしれません。

シフトフィールは少し変わりますが、問題なさそうです。
市販のシフトパッドよりも柔らかく、傷付き防止が期待できそうです。
また、自分でサイズを探せるし、安いのでオススメです。

耐久性は不明ですが安価なので、消耗品としてたまに交換してあげれば良いかと思います。
これから実際に使ってみて、真っ白な靴がどうなるか見てみたいと思います。
ゴムの色移りなどはありそうですが、通常のペダルよりは傷付き防止は期待できると思います。
(試す場合は、自己責任でお願いします。)

タイトルとURLをコピーしました